閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの料金はいくら必要?7つの必要な料金からお得なプロバイダを検証しました

wimax 料金

なにかを購入だったり契約したりするときに、スペックやデザインなども気になりますが、大抵の方が気になる1番はやはり料金ではないでしょうか。
いくらデザインが魅力的だったとしても料金が予算オーバーであれば諦めますよね。

WiMAXを契約したいけど、実際いくら必要になるのか?
WiMAXのプロバイダはどこを選ぶのがお得なのか?など調べてみました!

調査の結果・・・選ぶべきWiMAXのプロバイダはBroad WiMAXでした!
結局のところ、プロバイダごとで大きく異なるのは月額料金なんです。
では、それもふまえて詳しく理由を説明していきます。

WiMAXには7つの料金が必要

まず最初に、WiMAXで支払う料金には下記7つの項目があります。

①事務手数料
②端末代金
③月額料金
④オプションサービス
⑤付属品
⑥LTEオプション
⑦解約金

月額料金だけでなく初期費用の総額なども調べておくことで、「こんなはずじゃなかった」との悲劇は防げますので、これから契約する人必見のWiMAXで支払う7つの料金について細かくご紹介していきましょう。(費用は税抜)

WiMAXの事務手数料

まずは最初の契約の際に必要となる「事務手数料」です。
「登録料」や「初期費用」などとも呼ばれることがあります。

どのプロバイダで契約しても一律3,000円が必要となり、契約後の最初の月額料金と一緒に支払うことになります。

WiMAXの端末代金

WiMAX回線の利用には「モバイル wi-fi ルーター」という端末を使用する必要があります。
この端末は基本的に定価で20,000円かかりますが、ほとんどのプロバイダがキャンペーンなどで無料となるため、端末代金に関しては気にする必要はあまりありません。

端末もどんどん新しい機種が出ていますので、どうせタダなら最新機種を選ぶことをおすすめします。
やはり最新機種であるほど、電波の受信や発信に伴う最新技術を搭載していますので、より高速で快適な通信をしたい方なら絶対に最新機種端末を選ぶべきなのです。

WiMAX端末代金の注意点
プロバイダによっては、端末が有料となる場合もあるため注意が必要です。

・UQWiMAX・・・3,800円
・BIGLOBE(口座振替の場合)・・・4,800円

上記プロバイダは、それぞれ端末代金を請求されます。

WiMAXの月額料金

月額料金はプロバイダごとで違うため、利用プランの料金をよく比較することがプロバイダ選びの鉄則です。
月額料金は契約期間によって変わりますが、だいたい2,000円台~4,000円台で利用できます。

ちなみにプランを選ぶとき、総額で比較することで長期的に使いやすいサービスかどうかを見極められるので、毎月の金額だけでなく、3年、もしくは4年の総額で比較・検討することをおすすめします!

WiMAXのオプションサービス

オプションサービス料金もプロバイダによって違います。
どのプロバイダも色々なオプションサービスメニューがありますが、どれもだいたい月額300円~1,000円くらいは必要となります。

オプションの種類としては、故障・紛失・水没などのトラブルを補償する「補償サービス」や「セキュリティサービス」、使い方をサポートする「サポートサービス」などが代表的です。

ちなみに初月のオプションサービス料金を無料にしたり、最大12ヶ月間無料にできるキャンペーンをしているプロバイダも多いので、お試しで使ってみて気に入らなかったら後で外す、というやり方もアリですね。

WiMAXの付属品

WiMAX利用に必要となる端末(モバイル wi-fi ルーター端末)以外にも、クレードルやUSBケーブル、充電器、電池パックなども購入できます。

クレードルとはルーター端末を置くスタンドであり電波の拡張機器のことで、だいたい2,000円~4,000円程度で購入できます。
これはただ単に端末スタンドとしてだけでなく、スタンドに置くことでルーター端末を充電する機能もあります。そして有線接続も可能です。

また自宅の固定回線をクレードルにつなぐことで、無線回線にすることもできるのです。
自宅に固定回線があるけど無線ではない場合でも、クレードルを接続すれば速度制限を気にせず使うことができます。

なおこれらの付属品は、プロバイダと契約する際に申し込むことができるものもありますが、どのプロバイダと契約していてもUQアクセサリーショップで購入することもできます。

WiMAXのLTEオプション「ハイスピードプラスエリアモード」

WiMAXには WiMAX 回線だけでなく、auのLTE回線にも接続できる「ハイスピードプラスエリアモード」というサービスがあります。
電波がよく入る場所であれば、基本的に「ハイスピードプラスエリアモード」を使用する必要はありませんが、WiMAXの電波がカバーしきれていないエリアでインターネットを使いたい場合はとても便利です。

どのプロバイダで契約しても月額1,005円の料金が必要となりますが、3年契約プランに加入した場合は無料になります。

WiMAXの解約金

WiMAX契約は、2年契約なら2年間、3年契約なら3年間利用することが鉄則となりますが、なんらかの理由で中途解約する場合は、プロバイダから違約金が請求されます。

解約金は、契約期間によって金額が異なります。
ほとんどのプロバイダが一律ですが、GMOのみ高くなるので注意してください。

0~12ヶ月 ・・・19,000円(GMOは24,800円)
13~24ヶ月・・・14,000円(GMOは24,800円)
25ヶ月~ ・・・9,500円
契約更新月・・・0円

上記を見ると分かるように、違約金はかなりの高額となるため、中途解約をするかどうかは慎重に決めるようにしましょう。
とはいえ、解約することを前提として契約する人はあまりいないと思いますが、契約の際は気にしなくても問題はありません。

WiMAXの料金まとめ

WiMAXを利用する上で必ず必要となる料金は、事務手数料月額料金です。
オプションサービスや付属品は選択しなければ料金は発生しませんし、違約金も解約しない限りは発生しません。
LTEサービスも同様です。端末も無料でもらえるプロバイダを選べばいいのです。

なお事務手数料は、キャンペーンなどで特定の条件を満たせば無料になるプロバイダもありますが、キャンペーンがない場合は基本的に必ず発生する料金なので比較対象外としてかまいません。
というわけで最初に述べたように、比較すべき点はプロバイダごとの月額料金となるのです。

料金プランは2つ。ギガ放題(使い放題)プランがおすすめ

WiMAXの料金プランは主に2つあり、プラン名はプロバイダによって違いますが内容は共通です。
「ギガ放題プラン」と「7GBプラン」になります。

このうち断然おすすめはギガ放題プランです。名前の通り通信容量に制限がないからです。
とはいえ、普段あまり通信はしないような方であれば7GBプランがベストですが、通信制限がないという安心感は最高です。

では、それぞれのプラン内容を比較検討してみましょう。

制限なく使える「ギガ放題プラン」

月間データ量の制限がなく、インターネット使い放題のプランがギガ放題プランです。
動画や音楽をどれだけ使っても問題ありません。
そのため、好きな時に好きなだけネットを使いたい!という方にぴったりのプランです。

料金は、WiMAX回線配給元のUQ WiMAXが4,380円/月となりますが、その他のプロバイダは独自のキャンペーンなどで割引があるので、プロバイダごとに月額料金が異なります。

ちなみに一番安いのは2,726円~利用できるBroad WiMAXです(最大3か月間2,726円)。
Broad WiMAXなら3年、4年の総額も一番安く、さらに今なら初期費用無料キャンペーン中なのでかなりお得です。

ギガ放題プランの注意点

「データ使用量が3日間で10GBを超えると約1Mbpsに低速化する」という制限があります。
とはいえ10GBはYoutubeを視聴する場合、約47時間分(標準画質)に相当し、ヘビーユーザーでない限り3日で10GBは超えないので、心配する必要はありません。

7GBまで利用できる「7GBプラン」

高速通信が7GBまで使える7GBプランは、データ通信量が7GBを超えると高速通信は制限されます。

7GBプランの料金は、WiMAX回線配給元のUQ WiMAXが3,696円/月~利用できます。
ギガ放題プラン同様、プロバイダごとに割引があり、プロバイダごとで費用は異なります。

7GBプランの注意点

「ひと月のデータ使用量が7GBを超えた時点で、約128kbpsに低速化する」
動画視聴はほとんど出来ません。
上手く制限しながら利用する必要があります。

128kbpsに低速すると、動画視聴以外でもストレスを感じることがしばしば。
サイトの閲覧をする場合、1ページ開くのに早くても20秒~30秒はかかってしまうこともあります。
グーグルマップは現在地表示も難しいです。

プランは途中でも変更できるので、ギガ放題プランを選択し、様子を見ながら利用すると安心です。

WiMAXが初めての方はギガ放題プランを選ぶこと

WiMAXを初めて利用する方の場合は、ギガ放題プランがおすすめです。
「ギガ放題プランだと料金が高くなるのでは?」と不安になるかもしれませんが、実際はそれほどの差はありません。
プロバイダによって違いはありますが、ギガ放題プランも7GBの通常プランも初月月額料金が変わらないプロバイダもあります。

なぜギガ放題を選ぶべきかというと、途中でプラン変更しても変更料金などがかからないプロバイダが多いからです。
Broad WiMAXなら、最初の3ヶ月間はどちらのプランも2,726円で、さらに途中でプラン変更する場合も手数料は無料なので、まずはギガ放題プランを選んで必要であれば変更するとよいです。

支払方法はクレカと口座振替から選択。振替日や手数料は?

WiMAXの支払い方法は、ほとんどのプロバイダがクレジットカード払いのみとなっています。
ただしUQ WiMAX、Broad WiMAX、BIGLOBEの3社だけは口座振替も選択できます。
どちらを選んでも良いですが、口座振替は割引対象外などの場合もあるため、クレカ払いがおすすめです。

それぞれの支払日は以下の通りです。

wimax 支払日

クレジットカード払いは手数料がかかりませんが、口座振替は毎月200円必要です。
わずかに感じますが、1年で1,200円支払うことになります。

もしもクレジットカードを持っていないなら、支払い方法は口座振替の選択肢しかないので、プロバイダはUQWiMAX、BroadWiMAX、BIGLOBEの3社から必ず選びましょう。

WiMAX選びの3つの条件とおすすめプロバイダ

WiMAXを選ぶポイントは3つ。

料金プラン:ギガ放題
支払い方法:クレジットカード
利用端末:最新機種(W06)

この3つの条件を選択すれば問題ありません。
そしておすすめプロバイダは、「Broad WiMAX」です。

料金プランはギガ放題プランを選択

wimax ギガ放題プラン

料金プランは、ギガ放題プランを選びましょう。

最初は、ギガ放題で契約した方が速度制限の回避をする上で無難です。
料金もさほど7GBプランと変わらないため、ギガ放題プランを選ばない手はありません。

支払方法はクレジットカードを選択

どのプロバイダでも、クレジットカード払いを選ぶのがおすすめです。
口座振替を選択することで、数万円割引のキャンペーンが適用されなくなるプロバイダもあります。

そもそもキャンペーン割引はクレカ払い前提がほとんどです。
その上、口座振替は手数料が毎月かかるので、「持ってない・利用できない」などの理由がない限りはクレジットカード払いを選ぶべきです。

端末は最新機種(W06)を選択



端末はどのプロバイダでもほとんどキャンペーン適用で無料になるので、最新端末を選ぶようにしましょう。

最新端末が出る度に機能が改善されているため、長く速く快適に利用できます。

条件に合ったおすすめのプロバイダ【Broad WiMAX】

これらの条件を考えた場合におすすめできるプロバイダが、Broad WiMAXです。

Broad WiMAXのギガ放題プランは、最大3ヶ月間2,726円で利用できます。
途中でギガ放題プランから7GBプランに変更しても無料なので安心ですし、2年目からの利用も月額料金が安いからです。

W06など最新端末でも無料でもらえるので、初めての方はBroad WiMAXから始めるのがおすすめといえるのです。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi