閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

自宅でインターネットを利用するのに固定回線ではなくWiMAXを選ぶべき5つの理由

このページにアクセスされた方は、現在自宅にネット環境が無い、
もしくはネット環境はあるけど速度や金額に不満があるという方がほとんどだと思います。

ネット環境を設置するには、ひかり回線などの「固定回線」と
ホームルーターやモバイルルーターといった端末を用意し、
WiMAX通信を行う事でネットの利用が出来る「Wi-Fiルーター」の2通りの方法があります。

自宅でネットを利用するには「固定回線」と「Wi-Fiルーター」
果たしてどちらかいいのでしょうか?

先に結論から言ってしまうと、「固定回線」と「Wi-Fiルーター」であれば、 大半の人には「WiMAXルーター」がおすすめです!

その理由を、5つに分けて説明していきます。

しかし、中には「固定回線」を選択した方が良い方もいるので、
そちらも説明していきたいと思います。

WiMAXを選ぶべき5つの理由

1.固定回線に負けない高速通信が可能!

固定回線の中には2Gbpsや10Gbpsといった超高速通信を可能にしているサービスがあります。
しかしそこまでではなくても、WiMAXもかなりの高速を誇ります。

最新端末のW06を使うと、場所にもよりますが最大1.2GBpsの速度を出すことができます。
これだけの速度があれば、YouTubeなどの高画質の動画もストレスなく視聴可能です。
Web閲覧やSNSなども非常にさくさくと使えます。

2.月額料金が安い!

固定回線に比べると月額費用が抑えれるのもWiMAXルーターの特徴です。
特に、戸建てに住んでいる人は1ヵ月の利用金額、2年間利用した時の金額にかなりの違いが出てくるので下の票を参考にしてみて下さい

インターネットの環境は欲しいけど、月額料金を抑えたい方はWiMAXがお勧めです。

プロバイダ名
月額料金
2年間合計金額
1~3ヵ月:3,696円
4ヶ月以降:4,380円
103,068 円
1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25ヶ月以降:4,011円
80,494円
<端末分割払いの場合>
1~24ヶ月:3,800円
25ヶ月以降:4,880円

<端末レンタルの場合>
1~24ヶ月:4,290円
25ヶ月以降:5,370円
<端末分割払いの場合>
91,200円

<端末レンタルの場合>
102,960円
マンションタイプA:4,000円
マンションタイプB:4,200円
戸建てタイプA:5,200円
戸建てタイプB:5,400円
マンションタイプA:96,000円
マンションタイプB:100,800円
戸建てタイプA:124,800円
戸建てタイプB:129,600円

3.回線工事がいらない

光回線などの固定回線では必ず配線工事が必要となります。

工事には立ち合いも必要で、ひかりファイバーケーブルが自宅に通っていないと
1から引き込み作業が必要となります。
その場合、数時間の立ち合いとなりかなりの時間と手間がかかってしまいます。

工事は基本平日で、それ以外は工事費用が別で発生してしまう場合もあります。

しかし WiMAXは端末が自宅にあればそれだけですぐネットに接続出来てしまうのです!

4.一人暮らしの人や引越し、転勤が多い人にはメリットしかない!

一人暮らしや転勤族でマンションやアパートに住んでいるという方もいらっしゃると思います。

元々固定回線が通っていればいいですが、通っていない場合、
大家さんの許可を取ったりする必要が出てくる場合もありますし、
万が一契約期間中に部屋を引き払うという事になると
必然的にネットも解約をしなければなりません。

契約期間中の場合、違約金がかかったり、また引越し先でも新たにネット契約をしなければならない手間が発生します。

しかし、Wi-Fiルーターであれば、仮に引越しなどが発生した場合も、何の手続きをする事なく、
引っ越し先でネットの利用が可能なのです。

賃貸物件にお住まいの方は、むしろWiMAXを利用するべきなのです!

5.WiMAXなら外出先でもWi-Fiが利用の利用が可能

Wi-Fiルーターには自宅のコンセントに繋いで使用するホームルーターと
持ち運び可能なモバイルルーターの2種類があります。

固定回線はその名の通り、自宅でしかインターネットの利用が出来ませんが、
モバイルルーターを選択すると、自宅以外に屋外でもインターネットの利用が可能です。

スマートフォン、タブレット、ノートPC、携帯型ゲーム機などが
どこでもインターネットに接続出来るのはモバイルルーターならではのメリットなのです。

固定回線として使う時の注意点

Wi-fiルーターを固定回線の代わりとして使う場合、いくつか注意しておきたいポイントがあります。そのいくつかをご紹介しましょう。

エリアの確認が必要

まずエリア判定です。

外出先ではエリア内だとしても、住んでいる場所がエリア外という場合が可能性があります。
そのためUQコミュニケーションズが提供している「ピンポイントエリア判定」で調べてみましょう。

これを使うと、自宅やオフィスや特定の場所のサービスエリアを、「〇、×、△」の3段階で判定してくれます。
やり方は簡単で、戸建てか集合住宅かを選び、フリーワードか住所リストから調べたい場所を検索するだけです。

UQコミュニケーションズエリア判定サイト
https://www13.info-mapping.com/uq/ppmap/search.aspx?pf=1&S=500%2C978

もし自分で調べるのが面倒という場合は、Broad WiMAXのサービスを使うこともできます。
下記のサイトにアクセスすると、専門スタッフが詳しくエリア調査してくれます。

Broad WiMAXエリア相談窓口
https://wimax-broad.jp/form-area/

同時接続数やGBを確認

モバイルルーターはいくらでもWiFi を接続できるわけではありません。
同時接続数にはリミットがあります。
多くのモバイルWi-Fiルーターは10台程度が接続上限です。最新のW06は最大16台まで可能です。
しかし同時接続数が多ければ多いほど良いというわけではありません。

WiMAX のギガ放題プランを選択した場合、通信量には上限はありません。
しかし「3日で10GBのデータ量を越すと、1Mbpsほどになる」という速度制限が発生します。
使っている端末が多ければ当然使うデータ量も増えるので、速度制限に引っかかる可能性が高くなります。
大家族でネットを共有している場合は注意が必要です。

固定回線を選んだ方がいい人はどんな人?

2階建てや3階建ての住宅の場合、ルーターを据え置くと、建物の上下差や壁などが障害となって電波が届きにくい場合があります。
その点固定回線で有線接続すると通信が安定しやすいでしょう。

WiMAXでもクレードルを使えば有線接続できますが、持っていない場合は固定回線が便利です。
また家族全体でネットを共有している場合も、ルーターを持ち運びするわけにはいかないので固定回線の方が良いです。

また速度制限がない固定回線は、多人数が同時にネット利用する場合に強みがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
WiMAXを選んで頂くメリットを分かりやすく説明しました。

固定回線をわざわさ引かなくても、ネットが安価で手軽に利用出来るのがWiMAXのメリットなのです。 特に、

料金を重視する方
すぐWi-Fiを使いたい方
引っ越し、転勤が多い

ただし「ネットのヘビーユーザーである」、「家族でネットを共有したい」などの状況によっては固定回線の方がいい時もあります。 併用のメリットも考えながら、契約先を選んでください。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi