閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXホームルーターが一軒家、戸建て住宅に最適な5つの理由

自宅でホームルーターを使いたいけど電波は大丈夫?2階でもつながるかどうか不安ですよね。
ホームルーターは回線速度も受信感度も高いので、固定回線代わりにも使えます。

ここではおすすめホームルーターや失敗しない選び方までご案内します。

工事不要でネット回線が持てるホームルーターは家族だけでなく一人暮らしの方にもおススメです。

ホームルータは戸建てや2階でも問題なく使えるか?

問題ありません。

戸建て、一軒家でも電波は問題ありませんし、ルーターから離れていてもインターネットや動画視聴も問題なくできます。

エリアにもよりますが、「本体(ルーター)」からの距離の目安は以下の通りです。

・モバイルルーターの場合:10-15m
・ホームルーターの場合:40-50m

2階にいても電波の具合を気にする必要はありません。

とくにWiMAXのホームルーターなどは受信感度も高いので、ゲームも大丈夫。
PS4などWi-Fi環境が欲しい方は、ホームルーターは一押しです!

ホームルーターがおすすめな人は?
  • 自宅で、部屋や階数を超えて通信する人
  • 家族で使いたい人
  • 工事したくない、壁に穴をあけたくない
  • 配線をスッキリしたい

ホームルーターの速度は遅いのは本当?

「ホームルーターは遅い」と心配している人もいますが、いまの最新ルーターは速度も十分で固定回線と遜色ありません。

固定回線から切り替える人が多いことからも「速度や電波状況の良さ」が評価されていることがうかがえます。

特にホームルーターの最新機種は電波受信感度があがっているので、普通の使い方であればストレスを感じることはないでしょう。

自宅Wi-Fi、自宅回線は「ホームルーターが安心な理由」

ホームルーターは据え置き型のルーターで、コンセントに挿すタイプ。
それとは別にバッテリー式のモバイルルーターがあります。

自宅で使う場合にはどちらでも良いのですが、両者の違いは「電波の届き具合」です。

離れていても電波を届かせたい、電波状況を少しでも良くしたい場合は、ホームルーターが最良の選択になります。

自宅の場合は2階やベランダなど離れた場所で使うこともあるので、より電波が届きやすいホームルーターがおすすめになります。

モバイルルーターと違い、ホームルーターはバッテリーではなくコンセントから電源供給するのでバッテリー持ち時間を心配する必要がありません。

  • 離れていて電波が強い
  • バッテリーの心配不要
  • ゲームや動画視聴も問題なし

「どのホームルターがいいの?」というコトになりますが、ルーターのスペック的にも口コミ的にもWiMAXの「Speed Wi-Fi HOME L02」がいちおしです。

WiMAXホームルーターを選ぶべき理由

回線速度や通信量無制限など色々な特徴があります。光回線の場合は配線やランケーブルがごちゃごちゃしてしまい隠すのが大変・・・という声も耳にします。

「ルーター隠し」という言葉がありますが、WiMAXホームルーターは配線なし・置くだけでつながるため煩わしさがありません。

WiAMAX人気理由

WiMAX人気の理由は以下の通りです。

    • 工事不要、コンセントに挿すだけ
    • 配線不要でスッキリ、インテリアにマッチ
    • 月額料金がとにかく安い
    • 全国対応、固定回線に負けない速度

それではひとつづつ解説していきます!

工事不要、コンセントに挿すだけ

コンセントに挿すだけです。固定回線にような工事は不要。
引っ越し先でもすぐに使えます

配線不要でスッキリ、インテリアにマッチ

LANケーブル接続などは不要。ルーターもスッキリしているのでインテリアの邪魔にもなりません。ルーター隠し、配線隠しに頑張る必要はありせん!
隠さずに置くだけで使えるWiFiなので便利です。

月額料金がとにかく安い

月額料金が安いので、固定回線から乗り換え・切り替えるだけで3,000円以上は安くなるケースが多いです。年間にすると4万円弱の節約効果に。
自宅ではWi-Fiを使えるようになるので、スマホのギガも大幅節約可能です。

同じようなタイプで「ソフトバンクAir」があります。
こちらは月額料金の高さや、速度の遅さから特別な事情がない限りはおすすめしませんし、現時点では選ぶ理由が見当たりません。

全国対応、固定回線に負けない速度

WiMAXは随時エリア拡大を行っており、屋外基地局 20,000局を突破、広く全国をカバーしています。
通信速度も年々向上しており、近年では下り最大1,000Mbpsと、光回線級の高速通信が可能なエリアもあります。

また、駅に地下鉄、新幹線、空港、地下街、大学キャンパスと、様々なエリアで高速通信を楽しめます。

最新比較!損しないホームルーターはこれだ

ホームルーターを選ぶならWiMAXの「L02」がおすすめです
それ以外のホームルーターを選ぶ理由はありません。

Softbank Airもありますが月額料金の高さ、利用が集中する時間帯の速度制限など、使い勝手が悪いので特別な事情がない限りはWiMAXホームルーターが最適です。

回線速度も速く、制限なし無制限で使い放題なのも安心です。

PS4やスイッチなどオンラインゲーム機も接続できますし、動画コンテンツも通信制限がないので、好きなだけ見ることができます。

WiMAXホームルーターはBroadWAXがお得

WiMAXはたくさんのプロバイダーが存在します。
どこを選んでもエリアや速度や通信条件などは変わりませんが「料金とサービス」に違いが出てきます。その中でも月額料金に着目すべきです。

Broad WiMAXはコチラ

キャッシュバックは難易度が高いので要注意

キッシュバックを選ぶ人もいますが注意が必要です。

キャッシュバックは手続きが必要で、キャッシュバック適用も12か月後など遅い場合がほとんどですので、半数の人が「もらい損ねている」というのが現状です。

キャッシュバック失敗すると、割高な料金を支払うことになります。

そこでおすすめするのは「面倒な手続きなし」で使える「割引型」のキャンペーンで契約する方法です。

面倒な手続きや審査なしで安く使える「Broad WiMAX」がおススメです。

Broad WiMAXのメリット
  • 業界最安級の月額料金
  • Broad WiMAXは業界でも最安級の月額料金でWiMAXが契約できます。

  • 初期費用0円キャンペーン実施中
  • 初期費用も簡単な条件で0円になります。

  • 他社からBroad WiMAXへ乗換えする方の、他社違約金最大19,000円まで負担
  • Broad WiMAXは業界でも数少ない他社違約金負担を行っているプロバイダです。他社からBroad WiMAXに乗換えする際に発生する他社違約金を最大19,000円まで負担してくれます。

  • 固定回線に違約金無しで乗換えできる「いつでも解約サポート」
  • もしWiMAX契約したけど、やっぱり固定回線に変えたいという場合でもBroad WiMAXの「いつでも解約サポート」で「無料解約」できる上、最適な固定回線も紹介してくれます。
    このようなサービスを行っているのはBroad WiMAXのみです。

 
安さとサービス品質に期待するのであれば、broadWiMAXで間違いないでしょう。
キャンペーン中でさらに安くなっている今がチャンスです。

自宅用ホームルーター選びのまとめ

いろいろ説明しましたが「自宅で工事なしで使いたい」となれば3つの方法がありますので、その中から選ぶだけです。

その3つの方法とは、「Softbank Air」「WiMAXホームルーター」「WiMAXモバイルルーター」です。

WiMAXか、ソフトバンクか?の2択になります。

ソフトバンクは月額が高く、夜間の速度が遅いことで有名ですので、夜メインに使うなら避けた方が正解です

結局はWiMAXを選んでおけば間違いないというコトが言えます。

あとは好みで「ホームルーター」か「モバイルルーター」を選ぶだけです。

Broad WiMAXはコチラ

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi