閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXは病院でも利用することはできるのか

何かの拍子に入院しなければならないような事態に陥ってしまうこともあるでしょう。そんな時でもWiMAXがあれば、入院中でも退屈知らずでありとあらゆるコンテンツにアクセスすることができます。

モバイルインターネットをしてその名を着実に広めているWiMAXは、病院内でも利用することができるのでしょうか?各種医療機器への影響やインターネットへ接続する方法など、病院とインターネットに関する情報をお届けします。

WiMAXは病院で使えるの?

WiMAXを病院で使用することは可能です。後述するように、日本国内のいかなる病院でも全く無制限で使用できるわけではないものの、基本的に、WiMAXのルーターなど電子機器を持ち込むことは許可されています。

病院でインターネットを利用する方法はいくつかありますが、結論から言うならばWiMAXが最も理想的です。

入院中はWiMAXが大活躍

入院中はコンパクトにインターネットに接続できるWiMAXが最適です。端末は基本的に非常に小さく薄いため、携帯電話を持ち込むことができればWiMAXを持ち込むことが可能です。
テーブルの上に置いておくだけでなく、鞄の中に入れておいたとしても電波が通じるため、目立つことなくインターネットに接続することが出来ます。
端末がインターネット電波を受信できるエリア内であれば、どんな病院に入院したとしてもインターネットに接続することが可能になり、利便性で言えばインターネット接続方法でWiMAXを上回るものはないでしょう。

WiMAXそのものは自分でプロバイダーを選んで契約することになります。普段から使用していれば、いつものスマートフォンやタブレットとWiMAXの端末を病室に持ち込むだけで、いつものようにインターネットを楽しむことができます。
以前は雑誌や漫画などを持ち込むことで暇つぶししていた入院期間中ですが、現在では、インターネットで雑誌や漫画はおろか、ゲームや映画なども思う存分楽しむことが可能です。
WiMAXがあれば、ネットフリックスやHULUなどによる映画やテレビの視聴も非常に簡単です。もし必要であれば、ノートパソコンを持ち込んで仕事や業務上の連絡などを行うことも可能です。
体調に悪影響を与えなければ仕事さえも継続して行うことを可能にするのがWiMAXであり、通常のインターネットの可能性を病室にまで広げてくれます。
通信環境さえ許せば、光回線や固定回線を上回る通信速度すら実現できるWiMAXは、病室でのインターネット利用も非常に快適にしてくれます。

デメリットとしては通信量に制限が課せられることが挙げられますが、契約次第でたっぷり使えるプランを選ぶことで解消でき、あるいは通信制限がかかった場合でもそれなりの快適さを保ったまま動画を視聴することもできます。
ネットサーフィンやYouTubeの利用程度の使い方を想定されているのであれば、WiMAX端末を1台導入するだけで十分にインターネットを楽しむことが可能になります。

病院の医療機器に影響はないの?

WiMAXを利用した快適な入院生活は魅力的ですが、中には病院の医療機器に影響を与えないか心配される方もいらっしゃるでしょう。
結論から言うならば、医療機器への影響を心配する必要はありません。これは、総務省が管轄して行なったペースメーカーや類似する医療機器への影響調査した研究結果によるものであり、延べ60種類ものペースメーカーを主とする医療機器への調査しています。
WiMAXの無線通信端末を用いた実験では、全てのペースメーカーに対して影響を及ぼさなかったとしています。

WiMAXの端末は、基本的に統一されたARIB標準規格T94という規格に基づいて製造されており、メーカーや機種による性能の差も実質無いものと言えるとされています。USB端子に接続するタイプやパソコンに内蔵されているもの、携帯型の端末がペースメーカーをはじめとする医療機器などに影響を与えることは、現時点ではないとされています。
総務省の研究結果には、今後のWiMAX無線通信対応策も考えられており、基本的にはペースメーカー等に密着させることを避けることで、安全な無線通信機器によるインターネットの利用が可能であるとしています。

今後は、一つの端末に異なる方式の無線通信モジュールを併せ持つ複合的な電子機器が増えてきているため、徹底的な安全確保のためには新たな調査研究が必要であるとしているものの、密着させるなどのよほど不適切な使用しない限り、現時点では影響を与える可能性は限りなく低く、何らかの明確な危険性は確認されていません。
当然、その病院の責任者担当員が許可しない場合や、病院で無線通信機器の使用が禁止されている場合は使用を控えなければなりませんが、現在ではインターネットの利用を禁止する病院はごく少数となっており、そういったケースを除けばインターネットの利用はほぼ全国で問題なく使用することができます。

たとえば自分がペースメーカーを使用されている場合や、医療機器がすぐそばにあるような状態での入院生活を送っておられる場合でも、WiMAXの利用は基本的に可能となっています。
WiMAXが使用するような電波帯は携帯電話と同様の電波を使用しているため、携帯電話が利用できる病室であればWiMAXによるインターネットも使用可能であると言えます。

電波が届きやすいモバイルWiFiルーターは?

室内での利用に関して注意すべきなのは、むしろ電波が届くかどうかの問題でしょう。高層階にある病室や地下の病室などであれば、高速の通信網を利用したエリア内でのWiMAXであったとしても、インターネットが利用できない可能性があります。
WiMAXは高い周波数を利用しているため、速い通信速度を実現できるものの、障害物の影響や天候によって電波障害が発生しやすいという欠点があります。病院には様々な設備が複合的に設置されているため、高層階でなかったとしても入り組んだ内部にある病室であれば電波が届きにくい可能性があります。
そんな状況でも電波が届きやすいモバイルWiFiルーターはどれでしょうか?

実は、WiMAX2+でなければ通信障害はそれほど発生しないと言われています。このWiMAX2+は、前述の高い周波数のデメリットをもろに反映してしまうのが欠点ですが、auのLTE回線を利用するWiMAXであれば、障害物やエリアによるデメリットを克服できます。ハイスピードプラスエリアモードを使用することで、いつでもどこでも快適なインターネット使用を可能にします。
無線通信は、固定回線に比べて通信が安定しないのが欠点とされていますが、携帯電話の回線を併用することでLTE回線を使用したスマートフォンなどと同じように、高速のインターネットを楽しめるようになってきています。
契約の際に端末を選ぶときや家電量販店などでどれを選べばいいか迷ってしまった時には、新しい端末を購入するという方法もあります。

IT業界は毎日のように技術革新を進んでおり、できるだけ新しい端末を購入しておけば一定の品質や通信速度を確保しやすくなります。モデル名や細かいことが分からず選ぶ自信がないという方は、バッファローやNEC、ELECOMなどのパソコン周辺機器や通信機器を製造している大手メーカーを中心に選んでおけば、ほぼ間違いはありません。
どんなに定評のあるWiFiルーターを使用していたとしても通信速度が遅くて困っているという場合には、ACアダプターを使用するホームルーターを選ぶことなどもおすすめです。

病室にコンセントがあることが前提となりますが、モバイルルーターと比べて基本的に高い性能を有しています。他には、拡張アンテナを搭載したクレードルを使用したり、窓がある病室であれば窓際にWiMAX機器を置くことで、少しでもインターネット電波を強く受信するよう工夫することが必要かもしれません。
金型のボウルにWiFiルーターを入れるだけで通信速度が向上したというケースが多数あるため、地味な解決策ですが、自宅で使用している調理用のボウルを病室に持参することもおすすめです。

こんな理由で使えない場合がある

前述のように、ごく少数の病院や病室では、電波を発生させる電子機器の利用は禁止されています。電波が影響を与える特殊な医療機器を使用している場合や、細心の注意を要する医療行為を行っている現場では使用が禁止されることがあるようです。

以前より規制や禁止されるエリアが緩くなっているとはいえ、手術室や集中治療室、検査室、治療室などでは使用が禁止されているのが一般的です。これらの場所に関しては飛行機の離発着と同じようなもので、電波を発射しないモードにするか電源を切ることが推奨されています。

ただし、これらは全て指針や参考事例となっているため、最終的な判断や規則の設定は病院ごとに任されているのが現状です。WiFiの電波を飛ばすWiFiルーターの使用だけが禁止されている場合もあり、USB型のWiMAX端末であれば可能なものの、モバイルWiFiルーターは禁止というケースも実際に存在しています。
WiFiルーターはWiFiの電波をオフにするということができないため、使用が禁止されているエリアでは電源を切るしかありません。

WiMAX利用は病院に確認

病院内に設置されているインターネットのみの使用を許可している病院も少なくありません。医療機器への悪影響を確実に避けるための措置であり、電子機器の使用やWiFiルーターの申し込みに関しては、病院側に確認するのが最善です。

病院のホームページを参照するか、記載されていない場合は入院時に直接確認するなどして、問題のないインターネットの使用を楽しみましょう。
問い合わせる際には、モバイルルーターを使用してWiMAXでインターネットを利用しても構わないかどうか、と具体的に聞くのがおすすめです。漠然と聞いてしまうと、電子機器による通信を漠然と禁止されてしまうこともあり、ご自身が想定されている方法の可否をしっかりと確認しましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi