閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

あなたもWiMAXの審査に落ちる可能性がある?!その原因と対処法

WiMAXには申し込みの審査があります。そして申し込みをした場合、全ての人が審査が通るわけではありません。落ちてしまう人が少なからずいます。
本記事ではWiMAXの審査になぜ落ちてしまうのか、その原因と審査に落ちてしまった時の対処法を紹介します。
WiMAXの審査基準が知りたい方や、審査に通るか不安な方必見です。

WiMAX審査に落ちてしまう理由

まずはWiMAXの審査に落ちてしまう人がいる理由について見てみましょう。
少なくとも5つの理由が考えられます。それぞれの詳細を説明します。

支払いをクレジットではなく口座振替を選択している

まず支払い方法をクレジットカードではなく、口座振替にしているというケースが考えられます。口座振替では口座の残高が重要になります。

例えば口座の残高がWiMAX一か月分の料金より少ないと当然審査から落ちてしまいます。WiMAXのプロバイダとしては、クライアントが口座振替よりもクレジットカード払いしてくれた方が好都合です。プロバイダはやはり確実に月額料金を支払ってもらいたいと思っています。
クレジットカードを所有している方はすでにそのカードの審査を受けていて、ある程度支払い能力に信用性があります。

またクレジットカード払いの場合、プロバイダはカード会社からお金を確実に支払ってもらえますが、口座振替の場合は、残高がなければ引き落としできません。そのためクレジットカード払いの方をプロバイダは好みます。もしクレジット払いで申し込みをしていたら審査から落ちることはないというケースも少なくないでしょう。
しかもクレジット払いの場合、審査も最短1日で通過するのでスピーディーです。

過去に料金を滞納、延滞してしまった経験がある

他には過去の金融事故が考えられます。何かしらのサービスや商品代金の支払いを滞納したりしてしまった場合は、支払い能力のない人、滞納の可能性がある人とみなされてサービスを提供してもらえないリスクがあります。

「インターネット料金」「携帯電話料金」「公共料金」等を滞納したことがある人は、審査に通りづらいです。料金の滞納を繰り返している人は注意しましょう

プロバイダからWiMAXを過去に強制解約された

過去に強制解約されたことがある場合も考えられます。口座支払いで契約できた後も、口座の残高不足などで料金の未払いが続くと強制解約されることがあります。これが問題になります。

実はWiMAXはどのプロバイダもUQコミュニケーションズの回線を借りています。そのため強制解除したユーザーのリストは共有されています。つまり過去に強制解約をされたことがあると他のプロバイダがその情報を参照できるため、再び申し込みをしても審査に落ちる可能性は高くなってしまいます。

信用情報機関のブラックリストにアップされている

いわゆるブラックリストの存在も無視できません。過去にクレジットカード支払いやローンの支払いに問題があった場合、信用情報機関のデータに遅延や未払いとしてデータが蓄積されます。
信用情報というのは本人はもちろん、自社のサービスを申し込まれた会社がクライアントに関して参照できます。そのためWiMAXに申し込む際も、プロバイダがこの信用情報機関のデータにアクセスして対象の支払い能力を確認します。
申込者がブラックの状態では審査に通らない可能性が高くなります。

ちなみにブラックの状態になっていると、WiMAXだけでなく新しくクレジットカードを作ったり、住宅ローンも組めなくなってしまいます。そのようなサービスを提供する金融機関もやはり信用情報を参照して審査に臨むからです。

以上の点を踏まえると、決して支払いの遅延などが起こらないように気を付けるべきと言えます。もし仮に支払い遅れが発生した場合は、すぐにカスタマーセンターなどに連絡をすることで、問題の深刻化を避けられるかもしれません。

本人確認書類の不備

単純に申込情報や提出書類にミスがあった可能性も考えられます。
例えばネットで申し込みをした時に誤記入があったり、確認書類の有効期限が切れていたりといったケアレスミスがあると審査落ちするかもしれません。

名前が違っていた、住所が間違っている、生年月日が異なるなどの間違いがある場合、提出している本人確認書類との情報が一致しません。そのため記入する時はしっかり確認する必要があります。
また提出する書類も最新のものを使うのが無難でしょう。もしできれば本人確認書類を見ながら記入する事で間違いを少なくできるでしょう。

WiMAXを取り扱うプロバイダの審査に落ちた時の対処法

もし特定のプロバイダの審査に落ちてしまった場合は何かしらの対処策を考える必要があります。
ブラックな情報が残ってしまっているという状態はさすがにすぐに変えることはできません。マイナスの情報が消えるためには一定期間が経過する可能性があります。
しかし他にもできることはあります。2つほど対処策を紹介したいと思います。

新しい口座を作る

まずは新しい支払い口座を作る事です。仮に審査に落ちた口座で再度申し込みをしても、審査に通る可能性は低いです。そのため、新しく口座をつくって再び申し込みをすると良いでしょう。
そして新しく作った口座には大体5万円くらい入れておきます。なぜその金額を入れておくかというと、WiMAXの「ギガ放題」の月々の料金が約4000円で、2年契約とした場合48,000円となるからです。それを上回る額を入れておく事で余裕が感じられます。

WiMAXの審査は、月々の料金を支払う能力があるかどうかがポイントです。そのため契約期間分の料金が口座に入っていればプロバイダとしても安心できます。
「この人はきちんと支払ってくれる能力がある」とみなしてもらえるでしょう。2年間ないしは3年間分の料金となると10万円~15万円程度になるでしょう。その全てではないにしても、できるだけ余裕資金のある口座で申し込むのが賢明です。

別のプロバイダに申し込む

どうしてもWiMAXが必要でプロバイダに特にこだわりが無い場合は、別のプロバイダで改めて申し込みをしてみるという手もあります。先述のように別のプロバイダを使っても信用情報は共有されています。

とはいえ同じ情報を持っていても同じ審査基準でその情報を見るかは分かりません。プロバイダによって審査のハードルは異なることがあります。そのため、プロバイダを変えれば審査に通るかもしれません。
手当たり次第に申し込むのはよくありませんが、自分が契約したいプロバイダを数社ピックアップして申込をすると良いでしょう。

お得なプロバイダを選ぼう

WiMAXサービスには様々なプロバイダが存在します。そのため先述の様にどのプロバイダと契約するのが良いのか、事前に比較検討した上でいくつか候補をピックアップすることをお勧めします。

基本的にどのプロバイダも同じ性能の機器を提供しています。また使うWiMAXの回線も同じです。差が出るのはキャンペーンや月額料金などです。ここをよく検討しましょう。

この記事でおすすめするプロバイダは業界最安値の、Broad WiMAXです。Broad WiMAXは特に派手なキャッシュバックキャンペーンを展開しているわけではありません。どちらかというと地味な方かもしれません。しかしBroad WiMAXは月額料金の安さが魅力です。月額料金は以下の通りです。

「ギガ放題プラン」
1~2ヶ月分 2,726円
3~24ヶ月分 3,411円
25ヶ月目~ 4,011円

3年総額費用 128,626円

「ライトプラン」
1~24ヶ月目 2,726円
25ヶ月目~ 3,326円

3年総額費用 105,336円

ギガ放題プランは容量を気にせずに毎月いくらでもインターネットができる便利なプランです。ライトプランは月々7GBまでの高速通信に対応しているプランです。

Broad WiMAXの3年総額費用は最安ではありませんが、キャッシュバックがないプロバイダとしては安いです。最初から月額料金が安くおトク感があります。
キャッシュバックキャンペーンも魅力的ですが、もらい忘れリスクや面倒な手続きなどの要素を考えると、毎月安い金額でWiMAXを使える方が安心です。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi