閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXを紛失・・・絶対損をしない対処法教えます

WiMAXは持ち運び可能な端末ですので、外出先で紛失する可能性があります。

「どこかに置き忘れた!」
「落とした!」
「盗まれた!」

こんな時に気になるのは・・・

質問
みつからなくて解約する場合の違約金は?

答え
もちろん更新月以外の解約だと違約金は掛かります

質問
代わりのルーターはタダで貰える?

答え
補償オプションに加入していれば少ない負担で購入できる場合もありますが、プロバイダによっては補償オプションでも紛失には対応していない場合もあります。そうなると全額実費で端末を再購入することになります。

質問
他人に悪用されない?

答え
可能性は0ではありません

質問
みつかると思う?

答え
みつかることもありますので、諦めずに紛失後の対応をとりましょう

質問
インターネットが利用できなくて不便

答え
残念ですがこれは仕方ないです。しかしすぐに利用再開できる方法は0ではありません!

気になることはたくさんあると思いますが、最も重要なことはこの2つではないですか?

違約金も含め、なるべく費用が掛かる方法は避けたい
早くインターネットの利用を再開したい!

この記事ではWiMAXがなくなった場合の対処法と、できるだけ出費を抑えて WiMAX を継続利用するための方法をご紹介します。

紛失した際すぐに取るべき行動は3つ

WiMAXを紛失した場合、取るべき行動は3つです。

紛失した可能性がある場所に問い合わせる
プロバイダに紛失したことを連絡する
警察に紛失届を出す

この3つを抑えておけば見つかる可能性も上がりますし、悪用のリスクも少なくなります。
次から詳細な方法を解説していきます。

紛失した可能性がある場所に問い合わせる

紛失した日の行動を振り返り、どこでなにをしたか、端末はいつまであったかを思い出しましょう。
駅・飲食店・会社・学校など出向いた先に問い合わせをすると、保管してくれているかもしれません。

また携帯電話でLINEなどSMSのメッセージの送受信記録をみて、その時刻を元にしてどの場所にいたか考えてみるのもよいでしょう。

普段から忘れ物や落とし物が多い方は、紛失対策のGPS信号を発信する小型機械も販売されています。落とした後からお伝えしても後の祭りでしょうが、今後はこのようなグッズを端末に付けておけば探しやすくなります。

プロバイダに連絡して紛失したことを伝えよう

契約しているプロバイダに紛失したことを連絡しましょう。紛失した端末が悪用される可能性は0ではありません。万が一の事態に備え、端末の利用を一時休止しておきましょう。

残念ですが、休止中も通常通り月額料金が発生します。
利用していないのに料金がストップしないのは理不尽に感じるかもしれませんが、悪用されない為にも一時休止の手続きを早急に行いましょう。

UQモバイルのよくある質問コーナーにもこのような質問と回答があります。

盗難された場合は、他人がそのまま使えますか?

回答
接続設定が、Internet(デフォルト)の場合:接続可能です。(ID/パスワードが共通のため)
そのため、早急にUQお客さまセンターにご連絡いただき、回線停止の手続きを行って下さい。

盗難されたうえに、料金はこちら持ちで他人に利用されるなんて正直大変腹立たしいかぎりですので、早急にプロバイダに連絡し休止手続きを取りましょう。
悪用されたらたまったものではありませんよね。

警察に紛失届けを出そう

交番 警察

どこを探してもみつからない場合は、最寄りの警察に紛失届を出しましょう。
案外警察に届けられていることも多いです。
どうせ見つからないから…と諦めず、必ず警察に紛失届を出しましょう。故意に盗んだ場合以外は、落とし物として届け出てくれる人が多くいます。
紛失届を出したときには届いていなくても、その後時間差で届けてくれる場合もあります。
紛失届を提出したら、数日から1週間ほど待ちましょう。もちろんその期間は端末の利用を一時休止しておいて下さい。

どうしてもみつからない!そんな場合に損をしない3つの対処法

ここまでは紛失した直後の対応方法をみてきました。

問題はここからです。

どこを探してもみつからないし、警察にも届けられないまま…このような状態が続く場合は、今後の契約や端末をどうするのかを考えなければいけません。

端末を紛失しても解約違約金は通常通り支払う必要があります。
しかもWiMAXの解約違約金はどのプロバイダも高額で、1年以内の解約で19,000円~25,000円程、2年目も14,000円~15,000円程掛かります。

こんな不本意な違約金を支払いするのは納得いかない!

という場合どうすればいいのでしょうか。
ここからはできる限り損をしない対処法3つを紹介していきます。

➀端末補償系のオプションに加入している場合

補償系オプションに加入している方は、自分が契約しているプロバイダの補償内容を確認しましょう。

WiMAXの本家UQでは、交換端末(リフレッシュ品)を届けてくれます。
有償にはなりますが、WiMAX端末の新品を購入するより遥かに安い値段で交換端末が届きます。

しかし、UQ以外のプロバイダの補償系オプションは紛失や盗難に対応していない場合があります。
補償系オプションを契約している方は自分が契約しているプロバイダの補償内容を確認しましょう。

補償系オプションが紛失・盗難に対応している場合でも、多くのプロバイダが補償系オプション途中加入を認めていません。

「WiMAXを紛失したから、今から補償系オプションに加入しよう!」

ということは残念ながら不可能です。

契約時に加入していない場合や契約後にオプション解約した場合は一切利用できません。
そうなると次の方法を考えないといけません。

➁ネットで中古端末を購入する

補償系オプションが使えないとなると、次に考えるのはネットで中古端末を手に入れて改めて利用する方法です。

手順は以下の通りです。

➀プロバイダに紛失したことを連絡し、一時休止を依頼する※この時に、SIMカードのみ再発行可能か確認しておく
➁ネットで中古端末を購入する
➂プロバイダに連絡し、SIMカードの再発行を依頼する
➃SIMカードが届いたら、中古端末にさして利用再開する

こうすることにより解約せずにWiMAXを継続利用することが可能です。
新品を購入したり解約違約金を払うより安く端末を購入できますが、注意点があります。

利用するSIMカードに対応している「白ロム」端末を購入する
SIMカードの再発行は有償で、おおよそ2,000円~3,000円

特に注意が必要なのは中古端末選びです。
再発行されたSIMカードに対応している「白ロム」端末を購入しましょう。
不安な方は、紛失した端末と同じルーターを選べば安心です。

白ロム端末とは、どこのプロバイダとも回線契約がされていない端末のことを指します。回線契約がされていない端末なので、再発行されたSIMカードで利用することができます。

間違っても「赤ロム」と呼ばれるルーターは購入しないでください!
赤ロムとは、以前の利用者が料金滞納などにより強制解約となった端末であったり、盗難などで利用停止になっている端末をさします。
この端末はSIMカードをさしても利用できませんので、絶対に購入しないで下さい。

オークションで購入する場合、ただの中古端末として販売されていて値段も格安だからラッキーと思い購入したら「赤ロム」だった!なんてこともあります。
クレームを言って補償してくる相手ならいいですが、赤ロムを黙って売るような方が補償してくれるかどうか謎ですよね…

オークションより価格は高くなりますが、中古品を扱うネットショップであれば補償サービスがある場合もあります。
心配な方はショップで購入された方がいろいろ詳しく質問もできますし、安心ですよね。

しかし中古品ですので実際利用したら調子が悪かった、なんてことがないとは言えませんし、最新の端末は販売台数が少ない場合があります。

こんな苦労をしてまで中古端末を購入しないといけないのが不安な方に、一番オススメな3つめの方法をご紹介します。

➂一番お得・確実・安心!他社WiMAXプロバイダに乗換え

補償サービスを使ったり、中古端末を購入したり・・・
なかなか大変ですよね。

そこで一番おすすめなのが、思い切ってWiMAX契約を解約し、「他社乗り換えキャンペーン」等を行っているプロバイダと改めてWiMAXを契約する方法です。

一番お得とか言っておいて結局解約違約金が必要じゃないか!

と、思うでしょうが他社乗り換えキャンペーンですので、違約金は乗り換え先プロバイダがキャッシュバックしてくれます。

例えば「Broad WiMAX」の乗り換えキャンペーンを利用して契約すると、最大19,000円の他社違約金キャッシュバックがあります。

これだけの説明だとお得感を感じにくいかもしれませんので、それぞれの方法に必要な費用を比較していきます。
費用・手間を考えると「乗り換えキャンペーン」が実に合理的な方法だとわかるでしょう。

WiMAXが再度利用できるまでに掛かる費用を比較

ここまで紹介してきた「補償サービス」「中古端末購入」「乗換えキャンペーン」ですが、WiMAXが再度利用できるまでに掛かる費用を比較していきます。

多くのプロバイダが補償サービスを展開していますが、今回はあえてWiMAXの本家「UQ」の補償サービスと、乗り換えキャンペーンは先ほど紹介した「Broad WiMAX」の費用をみていきます。

UQ補償サービスを利用した場合

出費:5,000円もしくは7,300円

      —内 訳—
  • 端末(リフレッシュ品):3,300円もしくは5,300円(補償サービスは1年に2回まで利用可能。1回目3,300円・2回目5,300円)
  • SIMカード再発行:2,000円

中古端末を購入した場合

出費:5,000円~10,000円

      —内 訳—
  • SIMカード再発行:2,000円~3,000円
  • 中古端末購入費用:およそ3,000円~7,000円

Broad WiMAXの乗換えキャンペーンを利用した場合

出費:3,000円~9,000円

      —内 訳—
  • 紛失したWiMAXの違約金:14,000円~25,000円
  • Broad WiMAX新規申込手数料:3,000円
  • 乗換えキャンペーン違約金キャッシュバック:最大+19,000円

質問
UQ・So-net・BIGLOBE・@nifty・カシモ・3WiMAX・DTIの契約から乗り換えしたら?

答え

  • 12ヶ月以内の解約違約金19,000円
  • 13~24ヶ月以内の解約違約金14,000円
  • 25ヶ月以降の解約違約金:9,500円

これが違約金ですので、Broad WiMAXへの乗換え費用は実質3,000円です。

質問
とくとくBBは?

答え

  • 1~24ヶ月以内の解約違約金:24,800円
  • 25ヶ月以降の解約違約金:9,500円

24ヶ月以内の解約だと実質8,800円、25ヶ月以降は3,000円で乗換えできます。

どうでしょうか。料金面をみても乗換えが一番お得だとわかりますよね。
そうはいっても乗換えは申込み手続きもあります。補償オプションに入っているのであればそれが一番手間なく再利用できる方法となりますが、オプションに入っていない方が多いのが現状です。

Broad WiMAXは申込から利用開始までが速い!

Broad WiMAXは13時までの申し込みであれば最短即日発送ができます。
それ以外に業界初の「web申込、申込当日端末店舗受け取り」ができるサービスを行っています。

受け取り可能なのは以下、4つのセンターとなります。

・渋谷センター
・秋葉原センター
・大宮センター
・梅田センター

受け取りできる範囲にお住まいであれば、申込当日に端末が受け取りますので、早くネットを再開したい方にとって便利なサービスですよね。
さらに東京23区にお住まいの場合、12時までに申し込みすればバイク便で当日にお届け可能です!

また、店舗に行けない地方の方でも、13時までの申し込みであれば最短即日発送ができます。

Broad WiMAXはより早く利用したい方に嬉しいプロバイダです。

各プロバイダ月額料金比較

せっかく乗換えるのであれば月額料金が安いプロバイダを選んで、よりお得に利用したいところですよね。
同じWiMAXでも月額料金は違いますので、人気プロバイダの月額料金を比較してみました。

ギガ放題
Broad WiMAX
gmo とくとくBB
UQ
初月
日割り
日割り
日割り
1ヶ月目
2,726円
3,609円
3,696円
2ヶ月目
2,726円
3,609円
3,696円
3ヶ月目
3,411円
4,263円
3,696円
4ヶ月目~24ヵ月目
3,411円
4,263円
4,380円
25ヶ月目~36ヶ月目
4,011円
4,263円
4,380円
37ヶ月目以降
4,011円
4,263円
4,380円
3年間総額
128,626円
152,160円
155,628円
3年間平均
3,573円
4,227円
4,323円

現在利用しているプロバイダより、月額料金の安いプロバイダはありましたが?
「Broad WiMAX」と「とくとくBB」はWiMAXプロバイダの中でも料金が安いプロバイダです。

もし乗換えするのであれば、月額料金が安いところを探して乗換えしましょう。

 

現在古い機種を利用されている場合は、最新機種に乗換えて快適にインターネットを楽しみましょう。

□最新端末記事はコチラから

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi