閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXを紛失してしまった時の対処法は?

せっかくWiMAXを高速通信で楽しんでいたのに、端末をなくしてしまった、あるいは盗難に遭ってしまったということがあるかもしれません。そういうことが起きたらショックですが、気になるのは端末をなくした場合にどんな手続きをしたり対策をしたりするべきかということです。

WiMAX がなくなってしまった場合の対処法について詳しく説明したいと思います。
また、できるだけ出費を抑えて WiMAX を継続利用するための方法もご紹介します。

WiMAXを紛失してしまった場合に必要なこと

まず WiMAX を紛失してしまった場合の三つのポイントについてそれぞれ取り上げたいと思います。

WiMAXの契約をしているプロバイダに連絡をすること、警察に紛失届を出すこと、そしてなくなる前の場所を思い出して問い合わせてみることです。
WiMAX端末に限らないポイントもありますが、パニックにならないために復習しておきたいと思います。

いずれにしても紛失しても見つかる可能性はあります。そのためすぐ諦めてしまうのではなく、できる限り探す努力が大事です。
さらに仮に見つからなかったとしても、勝手に使われてしまわないように事後策を講じることも必要です。

契約会社(プロバイダ)に連絡する

まず端末をなくした場合は契約しているプロバイダー会社に連絡しましょう。これは悪用を防ぐためです。

端末の中にはSIMカードが入っています。誰かに拾われてしまった場合は、そのまま端末が使われてしまう可能性があります。
また改造などされて何かの用途の悪用される危険もあります。

UQ コミュニケーションズのよくある質問コーナーにはこのような質問と回答があります。

 Q;「盗難された場合は、他人がそのまま使えますか?」という質問に対し、

 A;「接続設定が、Internet(デフォルト)の場合:接続可能です。(ID/パスワードが共通のため)そのため、早急にUQお客さまセンターにご連絡いただき、回線停止の手続きを行って下さい。」と回答されています。

このように不正アクセスがされる恐れがあるため、プロバイダーに連絡して使用の停止などを求めると良いでしょう。
なおその後端末が見つかった場合は、再度プロバイダー会社に連絡して下さい。
利用の一時停止解除などの措置を取ればまた使えるようになります。

警察に紛失届けを出す

いくら探しても見つからない場合は警察に紛失届を出すと良いでしょう。
端末に自分の名前や電話番号などを書いてる人はほとんどはいらっしゃらないでしょう。そのまま自分のところに誰かが届けてくれることはありえません。
そのため紛失届を出して少しでも可能性を広げることが賢明です。日本はまだまだ落し物を交番に届ける文化が根付いています。失くしたと思われるポイントの近くにある交番を訪ねてみたら、意外と届けられていることも。

ただし自分の端末だと証明するための証拠を提示する事が求められるかもしれません。契約した際の認識番号などがあれば、それを端末の番号と照合することができるでしょう。
あるいは紛失の可能性を考えて、事前に自分だけがわかる目印のようなシールをつけておいたり、自分だけにわかる暗証番号などを書いておくことも良いでしょう。
ちなみに受け取りには印鑑や本人確認書類が必要となるため、交番に行く前に準備しておくとスムーズです。

なくなる前の場所を思い出し問い合わせる

これは最もオーソドックスな方法ですが、なくしたと思われる場所をよく思い出すことがやはり大切です。一度落ち着いてよく考えてみて、最後にインターネットを使っていたタイミングを何とか思い出しましょう。

LINEや Instagram などの SNS を使っていた場合、メッセージの送受信の時刻が記録されているでしょう。その時刻を元にしてどの場所にいたかを考えると良いでしょう。
思い当たる場所に行ってスマホやタブレットなどの受信状況を確認しながら探してみてください。もし電波を受信している場合はその近くのどこかに WiMAX の端末があるということです。

ちなみに最近では物の紛失の対策ガジェットとして、GPS信号を発信する小型機会が売られています。忘れ物が激しいという方は事前にこのようなグッズを端末につけておくと、捜索がスムーズになるかもしれません。

失くしたあとの契約はどうなる?

一生懸命探したにも関わらず端末が見つからないという場合は、一度落ち着いて契約をどうするかを考える必要があります。
基本的に紛失して見つからない場合は、 WiMAXの契約を一度解約してから、再び新しく契約する必要があります。

ここでは、端末をなくして見つからない場合の一連の流れについてご説明します。

解約扱いになる

端末をなくした場合の扱いについて、いくつかのプロバイダーの対応をご紹介します。

まずGMOのとくとくBBですが、「盗難などで端末を紛失してしまった場合は、有償で新しい端末をご提供させていただくこととなります。この際、ご契約のプランによっては契約期間がリセットとなりますのでご注意ください」とあります。

またJ:COMの場合は「WiMAX 2+専用端末を紛失、盗難された場合などは、第三者に悪用される可能性がございます。速やかに弊社カスタマーセンターへご連絡いただき、ご契約の解除手続きをお願いいたします。なお、契約解除料金が発生しますので、ご了承ください。」とあります。

このように契約がなくなってしまうことがあります。

有償で端末を再購入する

契約を解除した場合は、契約解除料が発生してしまいます。契約解除料は契約期間によって変わってきます。14000円から19000円近く取られてしまうこともあります。これはかなり痛いです。

契約解除後は同じプロバイダーか他のプロバイダーで再度契約をして端末を手に入れるしかありません。契約を解除しないで新しい端末を有償で再購入することも可能ですが、端末料金が高くつく恐れがあります。

解除料を払わずにWiMAXを利用するには?

契約を解除するにしてもしないにしても、できるだけ高い解除料を払わずにおきたいと思うはずです。
そこでここからは解約をした場合と、解約をしない場合のそれぞれのケースにおいてできるだけ出費を抑えるための方法をご紹介します。

SIMカードを再発行

契約を解除しない場合は、SIMカードを再発行する方法があります。

SIMカードとは端末に入れるIDのようなもので、SIMカードにある情報をもとに通信を行なうことができます。端末をなくした場合は SIMカードもなくしていることになるため、新しく再発行する必要があります。

ただし SIMカードだけを購入しても WiMAX が使えません。その受け皿となる端末を購入する必要があります。
そのため先述のように新しい端末を再購入することも必要となります。
なお SIMカードの発行には2000円か3000円ほどかかります。利用しているプロバイダに値段を問い合わせる必要があります。

中古端末を購入

新しい端末を購入するのは高いという場合は、中古端末を購入する方法もあります。
中古端末の場合は新しい端末よりは安く済むでしょう。ヤフーオークションやアマゾンなどで程度の良い中古品を探して、再発行してもらったSIMカードを差し込めばOKです。

端末の値段は4000円から6000円ほどです。古い機種の場合は最新の高速通信に対応していない場合があるため、我慢しなければならないこともあるでしょう。
ただ安く抑えるという意味では使える方法です。

Broad WiMAXに乗り換える

SIMカードの再発行や中古端末の購入は、現在のプロバイダーとの契約を解除しないで継続利用する場合のパターンです。これは契約解除料を払わないための一つの方法ですが、実は契約をこの機会に解除した方が安くつく可能性もあります。
契約解除には解約手数料がかかるのは事実ですが、実は乗り換えキャンペーンを利用すれば、新しいプロバイダが、これまで契約していたプロバイダから請求される違約金を負担してくれることがあります。

Broad WiMAXなら乗り換えキャンペーンを実施しています。他のプロバイダーからBroad WiMAXに乗り換える場合、最大19000円までの違約金を負担してくれるのです。
このキャンペーンを利用することで、利用中のWiMAXの違約金を全く支払うことなく解約することができます。

この方法は先に説明したSIMカードの再発行や中古端末の購入よりもメリットがあります。最新機種を手に入れることができますし、SIMカード再発行手続きや中古端末を探す作業などが必要ないからです。
また副産物としてBroad WiMAXは月額利用料が安いため、この点でもメリットがあります。

まとめ

WiMAX の端末を紛失してしまった場合にどのような手続きをすれば良いか説明してきました。
基本的に端末をなくした場合は一度解約手続きをしてから、再度契約をする必要があります。
あるいは失くしたあと解約せずにSIMの再発行や中古端末で使用し続ける方法もあります。しかしこの場合は失くしてしまった端末がどこにあるのか分からず、悪用の恐れもあります。

そのため紛失してしまった場合は、いっそのこと解約してBroadWiMAXの乗り換えキャンペーンを利用するのが得策です。
この方法を使うことで新しい端末が手に入ると同時に、新しい契約で気持ちもすっきりすることでしょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi