閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXが故障!メーカー保証だけで大丈夫?

高速通信が可能なWiMAXは次世代通信方式として大いに注目されていますが、WiMAXはサービスだけではなく端末の種類も豊富なのが魅力です。小型軽量でモダンなデザインの端末は持っているだけでおしゃれに見える事もあります。しかし WiMAX の端末がもし故障してしまったらどうしたら良いでしょうか。

WiMAX端末にはもともと1年間のメーカ保証がついています。しかしメーカー保証以外に、プロバイダから契約する際に加入を勧められることがあるプロバイダ独自の端末補償・修理オプションを選ぶ事も可能です。ただ多くの方は購入時点であまり保証については考えていないかもしれません。

プロバイダ保証への加入は割引キャンペーンやキャッシュバックを受け取る為の条件として求められる場合がほとんどであり、とりあえず最初に加入するものの、契約後に解約する方も多いはずです。
ではプロバイダ保証は実際の所あまり意味がないものなのでしょうか?
本当にメーカー保証だけで問題ないのか、この記事では覚えておきたいポイントを説明します。

保証・修理オプションとは?

まずはプロバイダが提供する保証・修理オプションと、メーカー保証のメリット・デメリットについて見ていきましょう。両方の保証の概要を理解する事で保証をどうしたら良いかが分かってきます。

メーカー保証のメリット・デメリット

メーカー保証とは、 WiMAX の端末自体についているメーカー側の保証のことです。
この保証は購入日より1年間有効です。 WiMAX の端末の中には初期不良が出るものがあります。
例えば WiFi使用中に勝手に端末が再起動してしまう現象が起きたり、非常に悪くなったりというトラブルがあります。このような初期不良の場合は無償で修理なり交換なり対応してもらえます。

初期不良に関してはだいたい購入日から1年以内には生じるもののため、メーカー保証1年間だけで十分カバーできると言えます。ただしメーカー保証の注意点として、水濡れや紛失など自分の不注意が原因で故障してしまった場合は無償で修理してもらえません。その場合は有償となります。
メーカー保証の良いところは最初から特に加入する必要もなく保証対象になっている事と言えるでしょう。

一方デメリットは自然故障しか対応していないことです。携帯などをよく落とす、物を壊す事が多い、という人などはメーカー保証だけでは心もとないでしょう。WiMAX の端末は小型軽量であり、仮に少しぶつかったり落としたりするくらいで簡単に壊れるイメージはありません。とはいえ強い衝撃を与えれば、電子機器ですから故障するリスクが当然あります。

プロバイダ補償オプションのメリット・デメリット

続いてプロバイダーが独自に提供している保証オプションのメリットとデメリットについてみてみましょう。例えばとくとくBBというプロバイダー保証についてですが、「安心サポート」という修理保証サービスを提供しています。これは月額300円を払って故障修理を無料でしてもらえるというものです。
改造や紛失や盗難、水漏れなどは対象となりませんが、1年を超えても保証がかかるため便利です。
本家の UQ コミュニケーションズでは月額380円の支払いで端末補償サービスを受けられます。自然故障に加えて部分破損や全損、水濡れ、消失、盗難、紛失などを保証してもらえます(購入から1年目の自然事故は無償。2年目以降は年2回まで利用可能で初回3300円・2回目5300円)。

BroadWiMAXは月額550円で「安心サポートプラス」に加入できます。このプランではメーカーが補償しない水濡れにも無償で対応してもらえます(6カ月以上尾利用が条件)。
ただし紛失や故意に壊した場合は有償となります。このようにプロバイダーの保証にはメーカー保証にはない補償体系があるため、物を壊しやすい人や無くしやすい人には向いていると言えるでしょう。
仮に何の保証も付けずに修理に有償で出した場合は2万円近くかかってしまうことがあるため、プロバイダ保証は大きなメリットになります。
ただしプロバイダー保証にはデメリットもあります。契約時か機種変更時の加入以外は認められなかったり、解約後には再加入できなかったりします。そのため契約するかどうかをしっかり確認しないといけません。

補償対象外になる周辺機器

保証を付ける際に注意すべき点が一つあります。それはWiMAXの端末が保証対象になっていたとしても、その周辺機器に関しては対象外となることがあるという点です。
例えばSIM、クレードルや、アダプタなどの周辺機器は対象外です。SIMはプロバイダで再発行可能ですが、有償となります。クレードルはあってもなくても WiMAX のサービスは使えますが、SIMは必要不可欠のため保証対象外なのは問題です。ちなみにクレードルやアダプタはネットなどで購入することもできます。そのため保証対象外だとしても特にあせる必要はないでしょう。

補償がなくても、端末だけを買い替えればいい?

保証がついていると万が一の故障の場合に非常に安心感があるのは確かです。しかし実はめんどくさがりでないのであれば、補償に入らなくても、いざとなったらネットで買い替えを検討しても良いでしょう。
アマゾンやヤフーオークションなどのサイトでは白ロムと呼ばれる端末を購入する事が可能です。
白ロムとはSIMカードが入っていない端末のことです。サイトから購入した端末に、契約しているSIMカードを入れ変える事でこれまでと同じようにWiMAXのサービスを使うことができます。
オークションサイトやフリマアプリでは中古で程度の良いものが出回っています。
修理代で1万円以上を払うよりも、こうしたサイトで数千円で端末を購入する方が安上がりになります。

保証のために支払った金額も期間が過ぎればそれなりの額になります。そのため仮に買い替えで数千円の出費になったとしても、補償オプションの月額の支払いと最終的には大きな違いはないとも言えます。
また最初の1年間に関しては、自然故障の場合、無償でメーカー保証を受けられるためあまり気にする必要がありません。水漏れなどはカバーできませんが、わりと物を大事に保管できる人の場合は自然故障にだけ集中していればよいでしょう。どちらかというとメーカー保証がなくなる2年目以降の方がプロバイダ保証が便利になりますが、買い替えを検討する事によってそれも必須ではなくなります。
プロバイダの中には最新端末に無料で交換してもらえるキャンペーンを展開するところもありますが、それを利用すると特にお得になります。

プロバイダ補償はこんな人にオススメ

プロバイダ補償がどのような場合におすすめかを最後にご紹介しましょう。
以下の2つの点に当てはまりやすい方にはプロバイダ保証に加入する事をおすすめします。

外出先でよく利用する

まず外出先でよく利用するという方です。 WiMAX の端末をクレードルに固定して自宅で固定回線の代わりに使う場合、自然故障以外で故障してしまうリスクは低いです。紛失はないでしょうし、水濡れも考えにくいです。
しかしWiMAXは外出先でネットが使えるというのが大きなメリットのため、多くの方は外で利用するはずです。その頻度が高い場合、うっかりベンチに置き忘れて紛失や盗難にあったり、トイレに落として水濡れするなどのリスクは上がるでしょう。物を無くしたり壊しやすいと評判の人の場合はなおさらそうです。このような場合はプロバイダの補償に加入しておく方が賢明です。

手間と時間をかけたくない方

別のタイプはネットで他の端末を探したり、いろいろ比較して購入するのが面倒くさいという方です。
買い換えると有償修理に出すより何かと手間と時間がかかりますが、そんなことに時間をかける暇がないという方には手軽に修理依頼ができるプロバイダ補償がおすすめです。

ただプロバイダ補償サービスに加入する場合は、月額費用がどれくらいか、1年間の総費用はどれくらいかといった最低限の計算をしておくと良いでしょう。その上でオークションサイトやフリマサイトなどで欲しい白ロム端末のだいたいの値段を見ておきます。もし両者に大きな差がある場合は補償に入らずに白ロムだけを購入するという手を取ると良いです。色々比較検討するのは面倒でも、希望機種の購入だけならそれほど面倒ではないでしょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi