閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの引き落としが残高不足で支払ができなかった!支払い方法をお教えします!

WiMAXの支払いは毎月自動で引き落としされます。クレジットカード払いが基本のWiMAXですが、仮に残高不足で支払いができなかった場合、インターネットサービスやその後の契約はどうなるのでしょうか?

WiMAXの引き落とし日について

まずは、WiMAXの請求が確定する日について考えてみましょう。
その日付が分かっていれば支払いの準備もしやすくなるはずです。

WiMAXの引き落とし日はいつ?

口座振替の場合、26日に引き落とされるのが一般的です。WiMAXの料金は基本的に月額定額制です。
支払額が大きく変わることはないと思われますが、それでも口座にお金が準備できていなければ支払いが滞ってしまいます。
WiMAXのほとんどのプロバイダーは、クレジットカード払いのみを受け付けています。
口座振替やコンビニでの支払いに対応しているプロバイダーはどちらかといえば少数派なのが現状です。
クレジットカード払いでWiMAXを利用している場合、各クレジット会社が定める振替日に引き落としがなされます。WiMAXの料金は、クレジットカード会社との契約で請求されるため、各カード会社の口座振替日を把握しておくことが必要です。大抵のクレジットカード会社では締め日(請求が確定する日付け)が15日前後となっており、支払いは翌月の10日や26日といったタイミングで行われることがほとんどです。クレジットカードの場合は締め日と請求日が異なるため、支払いの準備をしやすいと言えます。
WiMAXの料金が26日に引き落とされる口座振替と比べて、その月の請求が確定してから翌月の支払日まで猶予があるからです。加えて、カードを利用した情報が反映されるまでにもタイムラグがあるため、支払いに関してはクレジットカードの方が余裕があります。
実際に口座から引き落とされる曜日が土日であった場合、各金融機関の翌営業日に改めて支払いが行われるため、引き落としが行われる曜日までに確実にお金を準備しておく必要があります。

引き落とし日は変更できない

引き落とし日を変更することは基本的にできません。口座振替でもクレジットカード払いでも、設定した引き落とし日は基本的に変更不可となっています。
特にWiMAXで口座振替支払い方法を設定している場合は、引き落とし日の変更という機能や申し込みはできません。クレジットカード払いの場合、引き落とし日を選ぶことができるクレジットカード会社であれば、10日の引き落としや26日の引き落としといったように選ぶことが可能です。
しかし、カードの申し込み時だけ引き落とし日を選択することができるのが通常で、毎月カード会社の請求から引き落としされる曜日を変更することはできないでしょう。
WiMAXの引き落とし日をどうしても変更したい場合は、クレジットカード払いに切り替えることでカード会社の引き落とし日に実質変更させることができます。

引き落とし口座の変更はできる

引き落とし口座の変更は可能です。新しい口座を登録することで、引き落としに使用する口座を変更することができます。大抵の場合、変更した月に新たな口座から引き落としが始まりますが、変更手続きが受理されるタイミングによって翌月以降の引き落としとなる場合もあります。
各プロバイダーの公式サイトを参照しマイページにログインした後、口座の変更手続きの項目を探してください。変更先の金融機関はある程度の選択肢の中から選ぶことが可能ですが、地方銀行や信用金庫の中には対応していない金融機関もあります。都市銀や地方の大手銀行であれば基本的に対応していると考えて大丈夫です。

WiMAXの引き落としができなかった場合どうなるの?

仮に口座にお金を準備するタイミングが間に合わず、WiMAXの支払いができなかった場合はどうなるのでしょうか?WiMAXのケースと支払い滞納に関する詳細を見ていきましょう。

再引き落としは1ヵ月後

WiMAXで口座振替ができなかった場合、翌月の振替日に2ヶ月分の料金をまとめて支払うことになります。つまり、いずれにしても口座から引き落とされるため、翌月の振替日にはお金をきちんと準備しておく必要があります。WiMAXの場合、支払いが遅れた分を口座振替で後から支払うことはできません。
そもそも、引き落としがうまくいかないのはなぜでしょうか?

非常に多くみられるのは口座の残高不足です。気づかないうちに料金の滞納しているといったこともあり、ケアレスミスで見逃せないのがこの残高不足です。
支払う手間を省くことができるため非常に便利な方法ですが、これは口座の残高をうっかり忘れているとついやってしまいがちな料金滞納のパターンでしょう。

支払いのために専用の口座を作っているという方は少なくありません。
貯蓄を作るための口座や、給料を受け取るための専用の口座を別に作っておいて、クレジットカードや各種口座振替のために登録する口座を分けておくことで、お金の管理を明確化したり、無駄な浪費を防いだりすることができます。これはお金をきちんと管理するための有効な方法なのですが、うっかり忘れてしまうと支払いが簡単に滞ってしまうというリスクがあります。
特にそういった目的でなくても銀行口座を複数持っている方の場合、どの口座からどの引き落としが行われるのかどうか忘れてしまったり、管理しているつもりが勘違いなどで支払いを行う口座に残高を準備できなかったりすることもあるでしょう。こういったケアレスミスが重なると、気が付くとWiMAXを料金滞納していたということになりかねません。

クレジットカードが一時利用停止になってしまうことも、料金滞納の主な原因となっているようです。WiMAXの請求が来るタイミングで、支払いに登録したクレジットカードで利用限度額を超えてしまった場合、プロバイダーは支払い請求をカード会社に登録することができません。
買い物などの通常の支払いであれば、毎月限度額ギリギリまで使うことは大抵ありませんが、旅行や家電などの出費が一時的にかさむなどの突発的なカードの使用が続いた場合、多少限度額を気にしていてもWiMAXのことは忘れてしまっているかもしれません。
限度額まで使ってしまうと、当然WiMAXの支払いもできなくなります。

クレジットカードを限度額まで使っていなかったとしても、カードの支払いに登録している口座の残高不足で引き落としがされず、カードの支払い不履行で結果的にWiMAXの料金を滞納するといったこともありえます。これも、カードによって登録する口座が違っていたり、WiMAXの支払いに、普段使用しているクレジットカードではないカードを使ってしまった場合などにありがちなミスでしょう。
カードの有効期限切れで使用停止になり、WiMAXの支払いに使用していたことを忘れていたり、同じ理由でWiMAXの支払い以外には普段使わないために、うっかりカードを解約してしまうといったこともあるかもしれません。

誰もが「自分はそんなミスをすることはないし、今まで支払いが滞ったことも一度もない」と思うものですが、それでもやってしまうのが口座の残高不足や、クレジットカードの限度額利用や同じく残高不足による料金滞納です。クレジットカードの場合であれば、時折忘れたとしてもすぐにカードが解約されたり取り立てが発生するわけではありません。
しかし、WiMAXのプロバイダーに直接支払口座を登録していた場合は、WiMAXの回線を利用するのに確実に支障をきたします。

振込み用紙が届く

WiMAX回線を提供する大元であるUQコミュニケーションズの公式サイトを見ると、残高不足で引き落としされなかった場合は、割賦契約がありの場合で、次回請求時に2ヶ月分の請求をまとめたコンビニ払い用紙を送付するとなっています。割賦契約がない場合はコンビニ支払いではなく口座振替のままとなり、次回請求時に2ヶ月分をまとめて引き落としとなっています。その後も引き落としができない場合、
その次の請求のタイミングで全ての請求をまとめたコンビニ払い用紙を送付します。

引き落としが出来なかったら個人信用情報機関に記録される?

WiMAXの支払いを行うプロバイダーは、CICやJICCなどの個人信用情報機関に加盟していないため、支払いが滞ったとしてもブラックリストに載ることはありません。
もちろん、これはWiMAXの支払いは滞っても構わないということを意味するわけではありません。
法的に正式に結んだ支払い契約を行わないことは基本的に罪であるため、支払いをと毎月きちんと行うに越したことはありません。クレジットカードの支払いの場合も、口座のお金を準備することを忘れていてまれに滞ったとしても、数回であればやはり個人信用情報機関に滞納記録が残ることはないようです。

利用停止になるタイミングとは?

基本的には、支払いがなされなかったことが確認された時点でサービスの提供が停止されます。
しかし、口座振替などを手動で行うなどして自発的に払うシステムがないため、大抵の場合は次回2ヶ月分がまとめて請求される支払日まで、サービスを利用することができるでしょう。
つまり、どんなに長いとしても2ヶ月以内にはサービス停止が始まるため、2回料金を滞納してしまうとアウトだと言えます。注意すべきは、利用停止の間も料金は発生しているため、滞納金と合わせて普段以上の金額を支払わなければなりません。

強制解除になると解除料が発生する

強制解除になってしまうと、それまでサービスが利用できないにもかかわらず発生していた利用料金や、契約期間内であれば違約金も発生するため、通常の手続きによって解約するよりも高い料金を支払わなければなりません。強制解除がちょうど更新月に行われるような奇跡的なタイミングでもない限り、違約金は発生します。
加えて、滞納した日数分の延滞料金も発生するため、支払いを毎月通常通り行なっていくのがよほど賢明です。悪質な滞納を何度も繰り返していると、こういった強制解除や再びWiMAXを契約することを拒否されるような厳しい措置を取られる可能性があります。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi