閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの電波が届く範囲は?室内ではどう使う?

WiMAXのメリットのひとつは、自分の好きなところへいつでも持ち運びができ、どこでもインターネットを利用することが可能なモバイル回線であることが挙げられます。
その一方、無線インターネット回線は目に見えないため、使いたい場所でも電波がちゃんと届くのか?という不安があるのも事実です。この記事ではWiMAXの電波が届く範囲と、室内で利用する際のポイントについて解説しています。

WiMAX電波が届く範囲

WiMAX電波を快適に利用できる範囲とはどのくらいなのでしょうか?
特に室内でどの程度WiMAXの電波が届くのかを詳しくみてみましょう。

室内と屋外で違ってくる

WiMAX電波が届く範囲は、室内と屋外では違ってきます。一般的なモバイルWi-Fiの電波が届く範囲は、10~数十メートルと程度言われています。WiMAXもほぼ同様の範囲と言えるでしょう。
実際にWiMAXを利用している方の口コミでは、屋外で約30メートルほど届いたという報告も寄せられています。しかし、これは屋外で利用した場合の届く範囲です。
では、室内の場合は、どの程度の距離まで電波が到達するのでしょうか?

WiMAXは室内での利用に弱い

WiMAXは、室内の利用に弱いというデメリットがあります。
なぜなら、WiMAXは、2.4GHz帯という高い周波数帯を利用している通信回線からです。
2.4GHz帯は、障害物があっても回りこむので電波は通りやすいという強みがありますが、直進性が強い反面、物に回り込む力が弱くなっています。そのため、周囲に大きな建物などの障害物や壁の厚み、家の材質などの条件で、電波が届く範囲が違ってきます。特に自宅で部屋をまたいで利用する場合、床や鉄筋コンクリートの厚い壁がある環境などは障害物となって電波が弱くなります。その結果、室内ではインターネットがつながりにくくなってしまいます。

室内で快適にWiMAXを利用するには

現在のWiMAX2+は、2.4GHzと5GHzの2種類の電波を利用することが可能です。
これらの2つの違いを理解した上で、5GHz帯に切り替えてみるなら室内で快適にWiMAXを利用することが可能です。では、室内での快適な使い方についてみてみましょう。

5GHz帯に切り替えてみる

WiMAX周波数帯は、2.4GHz帯と5GHz帯の2つを利用することが可能です。
5GHz帯は、電波の干渉に強く、ルーター以外で使用されない周波数帯となっています。
そのため、色々な電波が飛び交っている場所でも干渉が起きにくく、安定して接続でき、速度も速いという特徴があります。室内でWiMAXを利用する場合は、5GHz帯に切る替えることで快適に使えます。

2~3階建てなら無線LAN親機での中継を利用する

もし自宅内に電波が弱い場所があったり、家が2~3階建てで広いなどといったケースの場合、無線LAN親機で中継することで電波が届く範囲を広くすることが可能です。
一般的には、WiMAXルーターからパソコンやタブレットなどの端末につなげることが通常ですが、WiMAXルーターから離れてしまうと電波が届きにくいという弱みがあります。
つまり、1階にモバイルルーターを置くと、2階や3階では電波が届きにくく、端末機器にインターネットがつながりにくく、通信速度が落ちてしまいます。そこで対策として、WiMAXを無線LANで中継し、パソコンやタブレットなどの端末との間に中継器を挟むことで、電波が届きにくいという問題を解決することができます。無線LANの中にはコンセントに差すだけのタイプもあるので、簡単に場所もとらずに中継することができるのでおすすめです。

WiMAXを安く利用するならBroad WiMAX

WiMAXをどこよりも安く利用したい方は、WiMAXを代理販売しているプロバイダのひとつであるBroad WiMAX(ブロードワイマックス)がおススメです。Broad WiMAXは株式会社リンクライフのWiMAXサービスです。
WiMAXのプロバイダは20種類以上存在しており、どこと契約しても同じサービスを利用できますが、料金プランは違います。では、20社以上あるプロバイダの中でも、圧倒的な低価格で利用できるBroad WiMAXの魅力について詳しくみてみましょう。

圧倒的な低価格

Broad WiMAXは、ほかのWiMAXプロバイダと比較すると圧倒的な低価格で利用することが可能です。

では、実際にBroad WiMAXはどれくらいお得なのか、他のプロバイダと月額料金を比較してみましょう。

Broad WiMAX(月額割引プランキャンペーン実施中):月額料金3,411円/3年の実質月額料金3,573円/3年の実質総額128,626円

So-net(月額割引プランキャンペーン実施中):月額料金3,620円/3年の実質月額料金3,620円/3年の実質総額130,320円

GMOとくとくBB(キャッシュバック最大39,000キャンペーン実施中):月額料金4,263円/3年の実質月額料金3,254円/3年の実質総額117,160円(キャッシュバック35,000円適応/WX05の場合)

UQ WIMAX(商品券13,000円キャンペーン実施中):月額料金4,380円/3年の実質月額料金3,962円/3年の実質総額142,628円

初期費用も含めた3年間で実際に支払う実質総額を比較してみると、GMOとくとくBBの実質総額が一番安い金額となっています。それは、約8か月にわたる高額キャッシュバックが適用されるからです。
しかし、残念ながら、多くの方がキャッシュバックを受け取ることができていません。なぜでしょうか?
その理由にはいくつか考えられますが、まず受取手続きが約11か月後であることが挙げられます。

さらに、手続きメールがプロバイダのメールアドレスで届くため気付きにくいこと、約11か月間の間に手続きをしないとキャッシュバックを受け取れなくなってしまうことが理由として考えられます。
実際に約半数以上の方が、キャッシュバックを受け取ることができておらず、高額な月額料金を支払っています。

しかし、Broad WiMAXなら初月だけでなく3ヶ月以降も低価格で利用できるため、リスクが少なく安心して利用できます。

ギガ放題プランなら速度制限なく快適!

最も魅力度が高い回線で知られているモバイルWi-Fiルーターは、何と言っても「WiMAX」です。
WiMAXにはさまざまな魅力がありますが、そのひとつに無制限で利用できるデータ使い放題プラン「ギガ放題プラン」が挙げられます。また、下りは最大440Gbpsの高速通信というメリットもあります。
Broad WiMAXなら、ギガ放題プランを最初の2ヶ月間は税抜き2,726円となっています。
その後、3ヶ月~24ヶ月は3,411円、25ヶ月以降は4,011円で利用することが可能です。

一方、7GBまでの通信量となる通常プランの場合は、最大24ヶ月が税抜き2,726円、25ヶ月目以降は3,326円となっています。

では、通信制限はどうでしょうか?すでに触れましたが、ギガ放題プランなら月間通信料の上限はないので、その名前の通り、何ギガでも利用することが可能です。一方、通常プランは月最大7GBと制限があるので、動画視聴やオンラインゲームを楽しみたい方にとっては、少ないギガと言えるでしょう。
すでにBroad WiMAX契約者の約93%以上の方が、ギガ放題プランを利用しています。通常プランとギガ放題プランで悩まれているなら、是非、ギガ放題プランを検討されることをおすすめします。

まとめ

WiMAXの電波が届きにくく、室内で快適にインターネットを利用できていないと感じているなら、5GHz帯に周波数帯を切り替えてみたり、無線LAN新規を利用などして、電波が届きやすい環境を作られることをおすすめします。
室内に届きやすい環境なら、Broad WiMAXのギガ放題プランをストレスフリーで楽しめるでしょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST2

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi