閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXとソフトバンクのウルトラギガモンスターどちらがお得?

インターネット接続をするための方法はたくさんあります。代表的なものは光通信などの固定回線です。
光回線は通信速度がとにかく早く、接続が安定しているため非常に便利です。自宅でたくさんインターネットをするという方の場合は光回線は重宝します。しかし外出先でインターネット通信を行いたいという方、自宅よりもむしろ外でインターネットを使うことが多いという方はモバイル回線の方が便利です。

モバイル回線は大きく分けて二つに分けられます。4G-LTE回線と WiMAXの回線です。両者は 異なる電波を使用していますが、ルーターや端末を使ってどこでもインターネットに繋げられるという点は共通しています。そんなモバイル回線の中で注目されているプランがあります。
それはWiMAXのデータ無制限プランとソフトバンクの「ウルトラギガモンスター」というプランです。この2つを比較してどちらがお得に使えるのか調査しました。

ソフトバンクウルトラギガモンスターとは?

「ウルトラギガモンスター」は携帯キャリア大手のソフトバンクが提供する、スマートフォン向けの大容量のデータプランです。ソフトバンクはすでに「ギガモンスター」という20GBまでの高速通信が可能なプランを提供していましたが、今回新たに提供が開始されたのがこの「ウルトラギガモンスター」です。

このプランではギガモンスターの2.5倍にあたる50GBまでの高速通信が可能になっています。
MVNOのSIMカードで月々1,000円~2,000円のネット通信をされている方の場合、1GBや3GBなど非常に少量のデータ通信をされていることでしょう。それと比べた場合、50GBは非常に大容量です。
とにかくインターネットを毎日使うという方には必見のプランです。

ウルトラギガモンスターはこんな人におすすめ

この新しいウルトラギガモンスターというプランを契約するにあたって、自分のライフスタイルを確かめることは大切です。普段どれくらいネットを使っていて、どのような使い方をしているのかという点を確かめると、ウルトラギガモンスタープランに入った方がいいのかどうかが分かります。
個人個人によって状況は異なるものの、一般的には以下のような方にウルトラギガモンスターは向いています。

・動画をたくさんみる人
・家にWi-Fiがない人
・家族で分け合いたい人  

毎日のように YouTube を見るという方は多くいらっしゃると思います。 YouTube の動画は画質によって使うデータ量が異なります。当然大画質があればあるほどデータ量は多く消費されます。
画像にこだわりたいという方は高画質を選ぶことが多いでしょう。そのような場合に50GBという大容量のデータ量があれば便利です。
また、「自宅でネットを頻繁に使うが家に wi-fi の設備がない」という方にも、これだけのデータ量の余裕があればネットライフが快適になります。さらに家族みんなでデータを分けあって通信費を節約したいという場合にも、50GBの容量があれば通常は足りるでしょう(ヘビーユーザーの場合は足りなくなることともあります)。

WiMAXとウルトラギガモンスターの比較

ではここからは WiMAX のデータ無制限プランとウルトラギガモンスターとの比較をしてみたいと思います。比較をするのは三つの要素です。通信速度と月間データ通信量と月額料金です。
それぞれのデータを比べてみて、自分のライフスタイルに合ったプランを選択してください。

通信速度

まず通信速度についてです。結論から言うと、 WiMAXもウルトラギガモンスターもどちらも高速通信が可能です。 WiMAX の場合( WiMAX 2+)、ダウンロードスピードが最大で440Mbpsから758Mbpsという超高速通信が可能です(端末や地域や接続方法によって異なる)。
ウルトラギガモンスターのソフトバンクでは理論値最大612Mbpsとされています(機種など環境によって異なる)。どちらも非常に早い回線を提供しているのが分かります。
しかしこの最大のダウンロード速度はあくまで参考値に過ぎません。日本全国のどこでもこの速度が出るわけではなく、実際はこれらの速度よりもずっと低くなることがあります。
いずれにしても従来のインターネットよりは高速です。通信速度に関しては両者引き分けといったところでしょう。

月間データ通信量

続いて月間データ通信量を見てみましょう。ウルトラギガモンスターは50GBでWiMAXは無制限です(「ギガ放題」などデータ通信量無制限プランの場合。月7GBまでの通信プランもあり)。この点では WiMAX が圧倒的に有利です。月50GBというデータ通信量も相当大容量ですが、ヘビーユーザーの場合は50GBあっても足りないことがあります。テキストだけのメールを見たり容量の少ない Web ページを閲覧したり、LINEでメッセージのやり取りをするだけといった場合は50GBも使うことは恐らくないでしょう。
例として、ヤフーのトップページを見る場合は月に50000回は見る事が可能でしょう。

しかし高画質の動画を見たりする場合はかなりのデータ量が消費されます。例えば720Pという高画質は一時間あたり720MBほどのデータ量を消費します。1GBは1024MBのため、720MBは約0.7GBです。50GBの容量をこの画像に費やす場合は、50÷0.7=約71時間の視聴が可能と言うことです。
人によっては1日で何時間も動画を見る方もいらっしゃるでしょう。あくまで概算ですが、このような使い方の場合には50GBでも足りなくなるかもしれません。特に家族と共有している場合はそうです(一部銅がサービスやSNSはカウント対象外になる)。
このWiMAXではデータ制限がないため、容量を気にせずにいくらでも動画を見ることができます
オンラインゲームも大量にデータを消費しますが、無制限であれば気になりません。

月額料金

続いて月額料金ですが、ウルトラギガモンスターは各種割引適用前だと5980円になります。
従来は7000円でしたが引き下げられています。もし割引が色々と適用された場合は3480円になります。 一方 WiMAX プロバイダーによって値段が異なります。しかし、Broad WiMAXなどのように月額料金が安いプロバイダーでは、3411円から利用可能です(税抜価格。最初の最大3ヶ月は2726円)。
ウルトラギガモンスターの割引が適用されるかどうかは状況によって異なるため、総合的にWiMAXの方が安いと言えます。

ウルトラギガモンスターよりもWiMAXがおすすめ

ウルトラギガモンスターも魅力的なプランですが、 WiMAXと比較すると、ウルトラギガモンスターよりもWiMAXの方がお得になると言えるでしょう。
最大のポイントは月間データ通信量が無制限であるということです。もしあまりインターネットを使わず、自分や家族がソフトバンクユーザーであるという方の場合は料金的に大きな違いは出ないかもしれませんが、データを一切気にせずに使えるというのはやはり精神的に楽です。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi