閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAX、通信量カウンターの使い方

WiMAXを利用する際に最も注意しなければならないのが通信量ですが、便利なことに、WiMAXには通信量を確認するカウンターが搭載されています。これを上手に使いこなすことでインターネットの効率的な利用ができるはずですが、設定の仕方や確認方法によって勘違いを引き起こすこともよくあるケースのようです。今回は、通信量カウンターの設定方法や確認の仕方をご紹介します。

WX04の設定方法

WX04の場合、ホーム画面のメニューから通信量の表示に関する設定を行います。
まずは「メニュー」を押し、画面右上に表示される「通信量表示」を押してください。
ここでは直近3日間と月間の通信量を確認することができます。一定のデータ通信量を超過した際に通知するように設定することも可能です。ホーム画面の「メニュー」右側にある「設定」ボタンを押し、各項目に従って設定していきます。「月次通信量設定」では、「通信量カウント(ハイスピードモード)」と「通信量カウント(ハイスピードプラスエリアモード)」があり、それぞれ初期設定ではオンの状態になっています。通信量をカウントすることはほぼ必須であると言えるため、この項目をオフにすることはまずないと言ってもいいでしょう。大切なのは、その次にある「データ通信量超過通知機能」です。
これも初期設定では「通知する」になっており、特別設定する必要はありませんが、通知する設定値を適切にすることが必要です。設定範囲は1~99GBの間で選択することができ、好みに応じて設定を変更しましょう。

7GB制限の場合

通常プランで一ヶ月の通信量が7GBの場合は、通信量表示を「1ヶ月」に設定して表示させます。
トップ画面には7GBのメモリと現在までの通信量を表示するメーターがあり、一か月ごとにリセットされるため非常に便利に使用できるでしょう。

3日で10GBの場合

ギガ放題プランで3日で10GBの通信量制限がある場合は、同じように表示カウンターを「3日間」に設定することで対応できます。カウンターを見ると、それまで「7GB」と表示されていたメモリが「10GB」になっており、表示が変更されたことが確認できるはずです。
ただし、カウンターには「3日間」「1ヶ月」ではなく、小さく「3d」もしくは「1m」と表示されているだけであるため、7GBか10GBのメモリと現在までの通信量が一見分かりにくいかもしれません。設定画面から今一度確認してみましょう。

W05の設定方法

WiMAXルーター最新端末であるW05でも、通信量カウンターを設定しましょう。
W05の場合はホーム画面に「通信量カウンター」のボタンが設置されています。「ホーム画面表示設定」から1ヶ月で表示するか3日で表示するかを設定でき、通信量のリセットやデータ設定も可能です。
WX04と同じように、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードで通信料をそれぞれカウントでき、1~99GBの間で通信量カウンターの最大値をセットできます。
通信量カウンターのカウント開始日も自由にセットすることが可能で、毎月1~31日のどの時点からでもカウントを開始できます。初期設定では毎月1日となっており、基本的にはこの設定で確認することがほとんどでしょう。便利なのは「通知するデータ通信量」の項目で、データ通信量を超過した際の通知だけでなく、設定した最大データ通信量の何パーセントに出した状態で通知を行うかどうかも設定できます。
10~100パーセントまで10パーセント刻みで設定し、初期設定では90パーセントとなっています。

7GB制限の場合

通常プランをご利用の場合は、前日の設定画面からデータ設定「1ヶ月」を選択し、通知を行う通信料を7GBに設定します。初期設定では90パーセントに達した段階で通知が行われるため、当月の通信量が6.3GBを超えた段階で通知が始まります。

3日で10GBの場合

ギガ放題プランを利用されている場合は、データ設定「3日間」を選択した状態で、通知するデータ通信量を10GBに設定します。これで、ホーム画面下部に通信量を計算する日数と総通信量、通知する通信量すべてが表示されます。画面下部の細長いバーのような見た目で、目立たないながらもバーカウンターによって見やすい表示となっています。

通信量が勝手に増えたり減ったりする

このようにして通信量を確認し始めると、自分の利用の仕方と通信量の上下が合わないことに気づかれるかもしれません。全く使っていなくても通信量が増えていたり、使っているはずなのに通信量が減ったりする場合があるのはなぜでしょうか?

スマホやiPhoneは使っていない時も通信している

AndroidスマートフォンでもiPhoneでも、スマートフォンというものは使っていない間も勝手に通信しています。節約しているつもりなのに、大手キャリアの携帯料金がいつも定額いっぱいまで使用しているということはなかったでしょうか?自発的にインターネットをブラウズしたりYouTubeなどで動画を見ていなくても、バックグラウンドで勝手に通信するのがアプリの機能です。
定期的にデータを同期していたり、開発元との通信やアップデート情報のダウンロードなどを行っているため、使っていなくても勝手に通信しています。これはパソコンでも同じで、何もしていなくてもCPUが働いているのがこの状態です。中には、バックグラウンドでの通信が必須となっているアプリもあり、全てをオフにしてしまうと正常に作動しなくなる場合もあります。

iPhoneの場合はiCloudへ常に自動的にバックアップを行っているため、ほとんど常に通信を行っています。AndroidのスマートフォンでもiPhoneでも、設定画面からバックグラウンド通信のオンオフを切り替えることが可能です。各アプリごとにモバイル通信を行うかどうかを切り替えられます。
まずは、各アプリがどれほど通信しているかをチェックしてみてください。使っているアプリが通信を行っているのは仕方がないことですが、あまり起動した覚えがないアプリが常時データ通信を行っているようであれば、設定をオフにするか、そのアプリの必要性を吟味した上で思い切って削除してしまうこともできるでしょう。通信が必須のアプリはオフにすることはできないものの、バックアップや動画アプリなどで大量にデータ通信を行うアプリは、バックグラウンドで通信しないようにオフにしておいても支障はないはずです。バックアップも手動で行えば、常時接続によって通信量を消費することを避けられます。
OSのアップデートを手動で行うことも一つの選択肢です。

AndroidでもiOSでも、OSそのもののアップデートはかなりの通信量を消費します。
アップデートを適宜手動で確認することで、自動で通信して常に消費してしまうことを避けられます。
これはアプリのアップデートにも言えることで、設定画面から自動アップデートをオフにすることで、アプリの通信を止められます。GoogleストアでAppStoreを手動で確認すれば、どのアプリにどのバージョンがアップデートされているか簡単に見れるため、自動アップデートをオフにしても支障はないはずです。
バックグラウンドでの更新に関しても、常に通信して最新の状態を保つ必要のないアプリや、アプリを使うときだけ更新状態が確認できればいいアプリなどはオフにしておきましょう。

バックグラウンド通信をオフにすると困るのは、位置情報を取得するようなアプリやプッシュ通知が必要なメッセンジャー系アプリ、ストリーミングを行う音楽アプリなどです。
それら以外は基本的にオフにしても問題ありません。睡眠時などにWiMAX端末そのものの電源を落としておくことも一つの方法です。寝ている間に通信が必要になることはないため、WiMAX側をオフにすることで100パーセント通信を遮断できます。寝ている間に通知が来ないために健康的というメリットもあります。

使っているのに通信量が減っている

使っているのに通信量が減っていると表示される場合はどうでしょうか?
よくあるのは、月間7GBの通信量で数えているつもりが、設定は「3日間」になっていたというパターンです。3日間の通信量のみを常に計算しているため、4日以上前のデータは常に消去されています。
通信量が減るということはありえないため、実際の使っている感覚や使用内容と比べて通信量が明らかに違うように感じられるのであれば、今一度設定を見直して正しく反映されているかどうか確認してください。

通信量のリセット方法

通信量カウンターをリセットするのは簡単です。通信量に関する設定画面で「クリア」や「リセット」というボタンがあり、それを押すだけでホーム画面のカウンターはリセットされます。
カウンターのリセットは、そもそも一度設定していれば必要はないはずです。
1ヶ月ごとや3日ごとに自動でリセットされるように設定していれば、手動でリセットして総通信量を把握できずに速度制限が発生してしまうといったこともないはずです。

端末の通信量カウンターは目安として利用すること

WiMAX端末に表示される通信量はあくまで目安です。各プロバイダーはそれぞれのサーバーで管理している通信量を元に速度制限を課すため、正確な通信量を知りたい場合は、各プロバイダーの公式ホームページから問い合わせるなどして正確な情報を集めましょう。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi