閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ヤマダ電機でWiMAXを契約するメリットとは?

モバイルインターネットルーターの代名詞ともいえるWiMAXは、ヤマダ電機で契約することが可能です。ヤマダ電機がプロバイダーとしてインターネットの回線を契約することができます。
ヤマダ電機は様々な電化製品を販売している量販店であるため、何かと電子機器に関するサポートや拡張性に強いのが特徴です。ヤマダ電機を利用するメリットはあるのでしょうか?
数あるプロバイダーの中からヤマダ電機で契約する際の内容やメリット・デメリットについてご紹介します。

ヤマダ電機の「YAMADA Air Mobile WiMAX」とは?

ヤマダ電機が提供するWiMAXがYAMADA Air Mobile WiMAXです。料金体系やオプションの設定がどうなっているのか、申し込み方法や行われているキャンペーンについて見ていきましょう。

料金プランついて

YAMADAFLATツープラスギガ放題

YAMADA FLATツープラスギガ放題は、月額4,380円の使い放題プランです。超高速ネットをお得に利用することができます。基本使用料は、2年契約で月額4,880円となりますが、新規契約時にこのプランを選ぶことで毎月500円の割引が適用されます。
加入月を含む、最大25ヶ月間に渡る割引が適用されるため、実質月々の総額は4,380円となります。
加えて、契約から最大3か月間はさらに割引(お試し割。684円の割引)が適用され、3,696円(3ヶ月)で利用開始することが可能です。(新規契約か、WiMAX料金プランからの変更時のみ。他のWiMAX2+プランからの変更時には適用されません)。

特徴は“料金プランを変更できる”ということでしょう。
公式サイトの案内でも述べているように、インターネットの使用量がはっきり分からないという方は、まずはこのプランで契約するのが最善なようです。最初の3ヶ月は特別な割引が適用されるため、その間に利用料などを確認し、より低額のYAMADA FLATツープラスなのに変更することが可能です(700円安)。
2年プランと3年プランがあり、3年プランの場合は後述するLTEオプションが無料となります。
長期利用割引も設定されており、2年間の毎月500円の割引が終了した後も料金据え置きで利用を続けることが可能です。

YAMADA FLATツープラスギガ放題では、混雑回避や回線制御のために三日間で10GB以上を利用した場合、速度制限が発生します。一般的なプロバイダーの速度制限と基本的に同じで、三日間の総通信量が10GB超えた場合は、WiMAX2+とLTE回線の通信速度が18時から翌朝2時まで制限されます。
この間の通信速度は、インターネットの閲覧やYouTubeの利用はある程度可能な速度であるため、インターネットを毎日ヘビーに利用する方でなければそれほど問題とはならないでしょう。
同じように、LTE回線を使用した場合は当月の通信量7Gという制限が発生し、月末まで通信速度が128kbpsとなります。メッセージの送信がかろうじてできる程度であるため、LTE回線を利用する際は注意が必要です。

YAMADA Flatツープラス

YAMADA Flatツープラスは、前述のギガ放題に比べて通信最大量が少なくなるものの、よりお得に利用を続けられるプランです。
基本使用料は2年プランで月額4,196円となり、新規契約で毎月500円の割引が適用されます。
つまり月額3,696円で利用することが可能で、その他の条件はギガ放題のプランとほぼ同じです。
こちらも速度制限や2年プラン・3年プランの選択、3年プラン選択時のLTEオプション無料等が設定されています。

auスマートバリュー mine

auスマートバリュー mineは、auのスマートフォンやガラケーを使用している方で、auのこのサービスを申し込んだ方に適用される割引サービスです。
WiMAX2+のサービスのうち「YAMADA Flatツープラスギガ放題」または「YAMADA Flatツープラス auスマホ割(2年/4年)」をヤマダ電機で契約し、その後auの携帯からauスマートバリューmineを申し込むことで、携帯代金が最大934円割引になるというサービスです。

WiMAXがauが提供するLTE回線を利用することにより設定されたサービスで、auユーザーにとっては申し込まない手はないでしょう。YAMADA FLATツープラスギガ放題やYAMADA FLATツープラスギガ放題から割引されると考えると、最安で2,762円でWiMAXを使用することが可能になるため、auへの機種変更を行う方もいらっしゃるほどです。

auの料金プランで対象となるものは、「データ定額5」や「データ定額2/3」などの定額系プランか、ガラケーの場合であれば「電話かけ放題プラン」か「シニアプラン」などとなります。
au携帯から、このスマートバリューmineに申し込むことが必須となり、割引は申し込んだ翌月から適用されます。携帯料金の定額サービスに従って割引価格が変動するため、利用環境により割引料金が異なる点に注意してください。

オプションついて

ヤマダ電機のWiMAXで設定されているオプションは以下の通りです。

LTE回線

LTEオプションは、auの4G LTE回線を使用した高速通信サービスのことで、一般的にハイスピードプラスエリアモードと呼ばれているものと同じです。
申し込みは随時専用のオンラインサイトから行い、利用した月は税抜き1,005円の利用料が発生します。LTE回線に対応している機種でなければ申し込めないのが特徴で、対応機種であればいつでも利用可能です。月初めに申し込んでも月末に申し込んでも同じ利用料が発生するため、月初めに申し込むのがお得なように思えますが、前述のように7GBの月間総通信量が発生し、7GBを超過した場合は128kbpsの厳しい速度制限が課せられるため、利用するシーンは限られるでしょう。

グローバルIPアドレスオプション(WiMAX2+用)

WiMAX2+を利用する際に、インターネット上の住所となる専用のアドレスを設定するサービスです。
インターネットを利用する際には必ず必要となる、インターネットを利用するルーターの個人情報となります。これも申し込みは不要で、契約の際に常に自動で割り当てられます。
ヤマダ電機のWiMAXを契約する際には月額96円の利用料が発生します。

YAMADA Wi-Fiプレミアム

YAMADA Wi-Fi プレミアムとは、WiMAX2プラスの料金プランを選択した際に公衆無線LANを無料で利用できるようになるサービスです。
このアカウントを作成することで、ヤマダ電機が提携する他のインターネットサービスに無料で接続できるという内容です。追加料金や設定費用などは発生せず、完全に無料で利用することが可能です。
YAMADA Flatツープラスを申し込んでいることが条件となります。利用できるインターネットサービスは、UQ Wi-Fiエリア(UQコミュニケーションズ株式会社)とWi2エリア(株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス) が提供しているネットワークエリア内となります。
ヤマダ電機のWiMAX2+の料金プラン一つにつき1契約を申し込むことが可能です。
YAMADA Wi-FiプレミアムのログインIDとパスワードを準備した上で、各プロバイダーサイトでのログインが必要となります。

以下はヤマダ電機オリジナルのオプションサービスとなります。

「アプリ超ホーダイ」

アプリ超ホーダイは、スマートフォンやタブレットなどの端末に必須となるセキュリティアプリやゲームアプリなど、人気のアプリ100種類以上を無料で使い放題となるオプションプランです。
利用料金は月額360円で、初回登録時の最大2か月間無料となります。厳選された安全で人気のアプリケーションをラインナップしています。

「YAMADAセキュリティbyF-Secure」

YAMADAセキュリティ by F-Secureは、ヨーロッパで最高評価を受けたウイルス対策セキュリティソフトで、ヤマダ電機でWiMAXを契約した際に利用可能となるオプションです。
月額300円となっており、こちらも初回登録時は最大2ヶ月間無料となります。

「ファイナルスマホセキュリティ」

ファイナルスマホセキュリティは、アメリカや日本で評価されているAndroid版のWebサイトフィルタリングソフトです。主に未成年を対象にした、不適切な内容のフィルタリングや情報漏洩対策などのシステムとなっています。月額300円となっており、こちらも初回登録時は最大2ヶ月間無料となります。

「スーパーセキュリティfor Android」

スーパーセキュリティfor Androidは、スマートフォン専用のセキュリティソフトです。
ウイルス検知率では世界最高レベルを誇り、インストールアプリや閲覧しているWebサイトなどを自動でスキャンします。紛失時にGPSを利用してスマートフォンを検索する機能もあります。
月額200円で、初回登録時は最大2ヶ月間無料です。

「スーパーセキュリティ」

スーパーセキュリティは、AndroidにもWindowsとMacに対応した同様のセキュリティソフトです。
こちらは月額350円なのが違いで、その他は全く同じ内容となっています。
「スマホ写真動画移行アプリAOSSync+」スマホ写真動画移行アプリAOSSync+は、スマートフォンなどの端末に保存されている写真を手軽に転送するサービスで、オンラインクラウドを利用して同期させる機能を有しています。月額300円で、初回登録時は最大2ヶ月間無料です。

キャンペーンについて

ヤマダ電機では5万円のキャッシュバックキャンペーンが行われており、YAMADA FLATツープラスギガ放題を契約したうえでUQ WiMAXの「まとめてプラン」(1,670円、24ヶ月契約)に加入し、同時に電化製品を購入することが条件となります。

申込み方法について

申し込みは店頭で行うため、必ず出向く必要があります。

ヤマダ電機でWiMAXを契約するメリットとデメリット

プロバイダーは数えきれないほど多い中で、ヤマダ電機でWiMAXを契約する特徴は何でしょうか?
メリットとデメリットを見てみましょう。

ヤマダ電機で契約するメリット

・店員の製品に対する知識が安定している
・契約後、すぐに利用することが可能
・日本中にヤマダ電機の店舗がある

ヤマダ電機は、店員の製品に対する知識が安定しています。WiMAXだけでなく、インターネットやルーターといった基本的なことが分からなかったとしても、すべて説明を聞きながら内容を吟味できるでしょう。契約後はすぐに利用を開始することができ、面倒な設定もその場で店員さんの指示を仰ぐことができます。加えて、ヤマダ電機は日本中どこでも店舗を展開しているため、WiMAXのプロバイダーの店舗がなくインターネットでの申し込みが面倒という場合でも、安心して実店舗で店員さんから購入することが可能です。

ヤマダ電機で契約するデメリット

・高額なキャッシュバックキャンペーンがない
・利用開始月から請求が始まる
・月額料金は本家のUQ WiMAXと同じ定価の金額

多くのプロバイダーで設定されている高額のキャッシュバックキャンペーンがないことや、利用開始月から請求が始まること、月額料金は本家のUQ WiMAXと同じ定価の金額であることが挙げられます。
インターネットから申し込みを行うことが出来ないため、店舗に出向かなければならないのはメリットともデメリットともなります。

Wi-Fiがもっと安くなる!おすすめ回線ランキングBEST3

1位Broad WiMAX

Broad WiMAX

Web申込み限定で初期費用18,857円割引!

月額料金

2,726円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

Broad WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】Web申込み限定!初期費用18,857円割引!

2位3WiMAX

3WiMAX

auスマホ割プラン限定!最大30,000円キャッシュバック!

月額料金

1,970円~(税抜)

速度回線

下り最大 708Mbps(上り最大75Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

3WiMAXの申込み・相談はこちら

【注目】auユーザーなら最大30,000円キャッシュバック!

3位NEXT mobile

nextmobile

月間データ容量最大30GB

月額料金

2,760円~(税抜)

速度回線

下り最大 150Mbps(上り最大50Mbps)

オプション 無料修理サービス設定サポート

NEXT mobileの申込み・相談はこちら

【注目】ソフトバンク回線の大容量最大30GBのポケットWi-Fi